2013年9月17日火曜日

IBFランキング発表、3階級で王者交代

亀田大毅

 IBFの最新ランキングが17日までに発表された。9月3日にロドリゴ・ゲレーロ(メキシコ)を判定で下してS・フライ級王座決定戦を制した亀田大毅(亀田)が王者として新たにランクされた。

 王者の交代は全部で3階級。亀田以外では、S・バンタム級のキコ・マルティネス(スペイン)がジョナタン・ロメロ(コロンビア)を下して新王者となった。ミドル級ではダレン・バーカー(英国)が安定王者のダニエル・ゲール(オーストラリア)に競り勝ってタイトルを獲得した。

 日本勢では2階級制覇の長谷川穂積(真正)がフェザー級7位にランクイン。S・フライ級では久高寛之(仲里)が圏外に消え、既に引退した元WBC同級王者の佐藤洋太がなぜか15位にランクされた。