March
05
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

8°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > エンダム&サンダース勝利 フューリー弟がデビュー

エンダム&サンダース勝利 フューリー弟がデビュー

2018年12月23日 14時57分

 22日(日本時間23日)英国マンチェスター・アリーナで挙行されるIBFフェザー級戦のカードに、ミドル級の元チャンピオンが出場。村田諒太(帝拳)との第2戦からの再起戦となるアッサン・エンダム(元WBA正規王者、カメルーン=フランス)は上位ランカー、マーティン・マーレイ(英=WBC2位)に12回2-0判定勝ちを収めた。

エンダム(右)は村田戦以来のリングで勝利

 スコアは114-114、117-112、116-112。エンダムは4回にダウンを奪われたが、アウトボクシングで4度世界挑戦歴を持つマーレイに競り勝った。この勝利でエンダムはWBCミドル級シルバー王座を獲得。

サンダースは1年ぶりの試合に勝利した

 また前WBOミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英)はチャールズ・アダム(ガーナ)に8回戦で4回終了TKO勝ち。1年ぶりのリングとなったサンダースは現WBO王者デメトゥリアス・アンドラーデ(米)との防衛戦を前に薬物検査で陽性反応。ベルトを返上していた。

デビュー戦勝利のフューリー弟、今後の活躍に期待

 同じリングでデオンタイ・ワイルダーとの激闘でヘビー級の興奮をよみがえらせた元統一王者タイソン・フューリーの実弟トミー・フューリー(英=19歳)がプロデビュー。L・ヘビー級4回戦で10勝4KO102敗3分のレコードを持つ怪ボクサー、ジェフジェニス・アンドレジェフス(ラトビア)に3-0判定勝ち。Photos/SUMIO YAMADA

Related article
関連記事