February
29
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

7°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 袴田巌さん漫画の公開始まる 第1話は“自白”

袴田巌さん漫画の公開始まる 第1話は“自白”

2019年2月15日 10時27分

 日本プロボクシング協会・袴田巌支援委員会が制作する漫画『スプリット・デシジョン~袴田巌 無実の元プロボクサー~』第1話の公開が15日、東日本ボクシング協会のホームページで始まった。http://jpbox.jp/

 元プロボクサーの袴田さんは1966年に起きた強盗殺人放火事件で逮捕され、裁判で無罪を訴えたものの死刑判決を言い渡された。

 2014年3月に静岡地裁が袴田さんの主張を受け入れ、再審開始を決定。袴田さんは48年ぶりに釈放されたが、東京高裁でこれが覆され、現在は最高裁で審理が続いている。

 同委員会ではこの状況に危機感を抱き、事件のことを多くの人たちに知ってもらおうと漫画を作ることを決め、作画に元プロボクサーの森重水さんを起用した。

 袴田さんの裁判では、証拠がねつ造された疑惑があるなどおかしな点が多く、最初の裁判では1人の裁判官が袴田さんの無罪を確信した。しかし、残り2人の裁判官は有罪を主張。2-1という多数決で人の命を奪う死刑を下したことに憤り込め、スプリット・デシジョンというタイトルとなっている。

 漫画では裁判のおかしなところを含めて事件のあらましや、袴田さんが半世紀にわたり苦しんだ様子などをわかりやすく表現している。読み応え十分の力作は月の1度のペースで6回にわたり公開される。

Related article
関連記事