日本語

Home > ニュース > WBC・S・ミドル級 ディレル王座返り咲き
英国S・ミドル級対決はユーバンクに軍配
ニュース

2019年2月24日 日曜日

WBC・S・ミドル級 ディレル王座返り咲き
英国S・ミドル級対決はユーバンクに軍配

 米ミネアポリスで行われたWBC世界S・ミドル級王座決定戦は、元WBC王者で同級1位のアンソニー・ディレル(米)が同2位アブニ・イルディリム(トルコ)に10回負傷判定勝ち。スコアは96-94×2でディレル、98-92でイルディリムだった。

 34歳のディレルは15年4月、バドゥ・ジャック(スウェーデン)に敗れて王座陥落。およそ4年ぶりにベルトを取り戻した。決定戦は前王者デビッド・ベナビデス(米)のドーピング違反、王座はく奪によるもの。イルディリムはトルコ人初の世界チャンピオンを惜しくも逃した。

 同日、ロンドンのO2アリーナで行われた英国S・ミドル級対決は、元WBAミドル級暫定王者クリス・ユーバンクJrが元IBF世界同級王者ジェームス・デゲールに12回3-0判定勝ちした。

五輪銀のジョイスはスタイバーン下す

 セミのヘビー級戦は、リオデジャネイロ五輪銀メダリストのジョー・ジョイス(英)が元WBC同級王者バーメイン・スタイバーン(ハイチ=カナダ)に6回2分20秒TKO勝ち。デビューから8連続KO勝ちをマークした。

 スタイバーンは17年11月、王座を奪われたデオンタイ・ワイルダー(米)との再戦に初回KO負けして以来の試合。40歳の元王者は連敗であとがなくなった。

 前IBFフェザー級王者のリー・セルビー(英)はオマール・ダグラス(米)に12回判定勝ち。ライト級進出戦に勝利した。

◇IBO・S・ミドル級王座決定戦
クリス・ユーバンクJr(英)[3-0(117-109、114-112、115-112)]

◇英連邦ヘビー級タイトルマッチ
王者ジョー・ジョイス(英)[TKO6回2分20秒]挑戦者バーメイン・スタイバーン(ハイチ=カナダ)

◇IBFインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦
リー・セルビー(米)[3-0(115-114、116-112×2)]オマール・ダグラス(米)

Related

関連記事