July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > メイン出場選手が減量で気絶 ラスベガス

メイン出場選手が減量で気絶 ラスベガス

2013年5月3日 13時03分

 メイウェザー×ゲレロ戦の前夜、明日3日(日本時間4日)ラスベガスでメインエベントのS・フェザー級10回戦に出場予定だったホセ・アギニガ(米=33勝15KO無敗)が2日の計量を前に脱水症状に陥り意識不明に。病院に入院し、試合はキャンセルさせた。アギニガはメキシコのホープ、フランシスコ・バルガス(15勝12KO1分)と対戦する予定だった。

 ザ・コスモポリタン・ホテルで予定される興行はセミに登場するはずだったS・ライト級のアントニオ・オロスコ(米=16勝12KO無敗)の10回戦をメインに挙行される。またS・ミドル級の王者候補アンソニー・ディーレル(米=24勝21KO無敗、元同級コンテンダー、アンドレ・ディーレルの実弟)も8回戦で登場する。

Related article
関連記事