日本語

Home > ニュース > デイビスがヒヤリ 計量2度目で合格 
あすガンボアとWBAライト級王座決定戦
ニュース

2019年12月28日 土曜日

デイビスがヒヤリ 計量2度目で合格 
あすガンボアとWBAライト級王座決定戦

 明日28日(日本時間29日)米アトランタのステート・ファーム・アリーナで挙行されるWBA世界ライト級“レギュラー”王座決定戦の計量が27日アトランタ市内のナイトクラブで行われた。

フェイスオフでエキサイトするデイビス(左)とガンボア

 元3階級制覇王者のユリオスキス・ガンボア(キューバ)が134.5ポンド(61.01キロ)で合格した後、ジェルボンテ・デイビス(米)はリミット135ポンドを1.25ポンド(567グラム)オーバーする136.25ポンドを計測。IBF・S・フェザー級王者時代に体重超過でタイトルをはく奪された過去があるデイビスは「またか」と心配させたが、1時間半後の再計量で134.8ポンド(61.14キロ)をマーク。無事明日タイトル戦としてゴングが鳴る。

 1度目の計量の際にはフェイスオフでエキサイトした両者が手を出し合い、立会人と両陣営に止められる場面があった。同じく計量には地元アトランタのレジェンド、元ヘビー級統一王者イベンダー・ホリフィールド氏が立ち合い、デイビスのプロモーターのフロイド・メイウェザーもステージに上がりセレモニーを盛り上げた。また同地の元王者でオートバイ事故でキャリアを断たれたポール・ウィリアムズも出席し選手たちとカメラに収まった。

車いすは元王者ポール・ウィリアムズ。メイウェザー、ホリフィールドの姿も

 WBAのライト級は“スーパー”王者にワシル・ロマチェンコが君臨。デイビスは明日勝てば、即王座を返上しS・ライト級へ進出するプランも明かしている。

 またセミ格で行われるWBA世界L・ヘビー級“レギュラー”王座タイトルマッチは、王者ジャン・パスカル(ハイチ=カナダ)が174.8ポンド(79.29キロ)、挑戦者で元WBC・S・ミドル級王者のバドゥ・ジャック(スウェーデン)が174.6ポンド(79.20キロ)でリミットの175ポンドに合格した。このクラスのWBA“スーパー”王者にはディミトリ・ビボルが君臨する。Photos by Amanda Westcott / SHOWTIME

Related

関連記事