May
20
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 【動画あり】井岡一翔に挑戦のシントロン 
プエルトリコの元五輪戦士「自信は100%以上」

【動画あり】井岡一翔に挑戦のシントロン 
プエルトリコの元五輪戦士「自信は100%以上」

2019年12月28日 15時26分

 大みそかにWBO世界S・フライ級王者の井岡一翔(Reason大貴)に挑戦する同級1位ジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)が28日、東京・五反田のワタナベジムで練習を公開した。

挑戦者シントロンとカルデロン・トレーナー

 元世界2階級制覇のトレーナー、イバン・カルデロン氏と記者会見に臨んだシントロンは「プロに転向してから世界タイトルを目標にしてきた。相手は井岡という偉大な選手だし、モチベーションは高い」と初の世界タイトルを前にテンションは高めだ。

 シントロンもカルデロン氏も「井岡は素晴らしい選手」という認識で一致し、井岡のことはとことん研究してきた模様。「彼が攻撃的に出てきても、ボクシングをしてきても対応できるように練習してきた」と言うから、自らの対応力にはかなりの自信を持っているようだ。

 この試合に向けては、8月に田中恒成(畑中)に挑戦して善戦したジョナサン・ゴンサレスらと80ラウンド程度のスパーリングを重ねてきた。取材後の練習では、常にポジションを入れ替え、クルクルと向きを変えてパンチを打ち込むミット打ちを披露。予想通りかなり忙しく足を動かすボクシングをしそうだ。

 勝利の自信を問われたシントロンは両手を高々と上げて「100パーセント以上の自信がある」と笑顔で宣言。現在、プエルトリコの世界王者はWBOミニマム級のウィルフレド・メンデスただ一人。プロで不敗の元オリンピアンは母国にベルトを持ち帰ろうと燃えている。

Related article
関連記事