日本語

Home > ニュース > タイソン氏の人気再燃 各地からオファー殺到 
ヘビー級王者フューリー父まで“参戦”
ニュース

2020年5月11日 月曜日

タイソン氏の人気再燃 各地からオファー殺到 
ヘビー級王者フューリー父まで“参戦”

 元世界ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏に再び熱い視線が向けられている。発端は新型コロナウイルス感染拡大により自宅で過ごすファン向けに発信された映像だ。タイソン氏(53=写真)のミット打ちなどを見たファン、関係者は「すごい!」「まだやれる!」と感動。同時に対戦やチャリティーイベントのオファーが押し寄せている。

 まず、タイソン氏と2度対戦し、2戦目の「耳噛み事件」の相手、元ヘビー級統一王者イベンダー・ホリフィールド氏とのエキジビション3ラウンドが計画されている。同じく重量級で一世を風靡したジェームズ・トニーとのエキジビションも浮上している。

 そして有料のオファーを出したのが、新興格闘技のベアナックル・ボクシング・チャンピオンシップ。“アイアン”タイソンに200万ドル(約2億2000万円)を提示。オーストラリアのプロモーターは、ボクサーとしても試合経験のあるラグビーの元ニュージーランド代表、ソニー・ビル・ウィリアムスらとタイソン氏の試合を計画。報酬は100万ドル(約1億1000万円)といわれる。

 さらにはWBCヘビー級王者タイソン・フューリーの父、ジョン・フューリー氏(55)までもがSNSで映像を発信してタイソン氏を激しく挑発。同氏はヘビー級ボクサーとして13戦のキャリアを持ち、ベアナックル・ファイトでも活躍したつわものだ。はたして実現するものはあるだろうか。

Related

関連記事