日本語

Home > ニュース > 渦中のカネロ絡み WBC・S・ミドル級戦の入札延期 
新たな入札日程決まるも先行き不透明

WOWOWO井上

WOWOWO井上
ニュース

2020年9月22日 火曜日

渦中のカネロ絡み WBC・S・ミドル級戦の入札延期 
新たな入札日程決まるも先行き不透明

 WBCは21日に開催される予定だったサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)vs.アブニ・イルディリム(トルコ)の入札が延期になったと伝えた。新しいスケジュールは10月6日。延期の理由は明らかにされていないが、入札者が出揃っていないからだと推測される。試合はWBC・S・ミドル級王座決定戦としてWBCがオーダーしている。

WBCは両選手のバナーを作ったが…

 同級王座はデビッド・ベナビデス(米)が8月の防衛戦前日に体重オーバーで失格。空位となっている。WBA・S・ミドル級正規王者のカネロはミドル級の2冠(WBAスーパー&WBCフランチャイズ王座)を保持している。

 コロナ禍も影響し今年リングに上がっておらず、大型契約を交わすストリーミング配信DAZNとプロモーターのゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)、同社のトップ、オスカー・デラホーヤ氏に対して契約違反を理由に280万ドル(約297億円)の損害賠償訴訟を起こしている。

 今のところDAZNもGBPも世界的に無名のイルディリムをカネロの相手として歓迎しておらず、入札の動向は不透明。WBCによると参加を表明しているのはTUFFプロモーションズのみ。サイモン・ウィトル氏という人物が主宰し英国に拠点がある。入札はビデオ会議(Zoom)で行われる。


Related

関連記事