日本語

Home > ニュース > WBO女子ミニマム級王者の多田悦子 あす韓国で防衛戦
ニュース

2021年10月22日 金曜日

WBO女子ミニマム級王者の多田悦子 あす韓国で防衛戦

 WBO女子世界ミニマム級王者の多田悦子(真正)が23日、韓国の安山市でWBOアジアパシフィック同級王者のティ・トゥ・ニ・グエン(ベトナム)と防衛戦を行う。22日の計量で多田は47.26キロ、グエンは47.30キロでリミットの47.62キロをクリアした。

 40歳のサウスポー多田(20勝7KO3敗3分)は昨年12月、宮尾綾香(ワタナベ)との王座決定戦を9回TKOで制してWBAミニマム級、IBFミニマム級、WBOミニマム級に続いて4本目の世界ベルト獲得。今回が初防衛戦となる。

 WBO女子ミニマム級は20年1月に多田と宮尾が空位の王座を争ってドロー。同年9月にグエン(4勝1KO)と宮尾による王座決定戦が組まれたもののコロナ禍の影響により試合は中止に。これを受けて多田と宮尾が決定戦を行い、多田が勝利した。

 試合の模様はあす23日15時からYouTube「COCKY BUFFALO BOXING」でライブ配信される。Photos by Cho, Eun-sang
https://www.youtube.com/channel/UC4vyV7M6OAF-347teqeu9Ew

Related

関連記事