日本語

Home > ニュース > ヘリングか、スティーブンソンか、WBO・S・フェザー級戦あすゴング 前座でアリ孫&ホリー息子登場
ニュース

2021年10月23日 土曜日

ヘリングか、スティーブンソンか、WBO・S・フェザー級戦あすゴング 前座でアリ孫&ホリー息子登場

 明日23日(日本時間24日)米アトランタのステートファーム・アリーナで挙行されるWBO・S・フェザー級タイトルマッチの計量が22日行われた。V4戦となる王者ジャメル・へリング(米)は129.8ポンド(58.88キロ)、挑戦者でWBO暫定王者シャクール・スティーブンソン(米)はリミットの130ポンド(58.97キロ)をマークし合格した。

王者ヘリング(左)とスティーブンソン

 へリング(35)は前回の防衛戦で元2階級制覇王者カール・フランプトン(英)にストップ勝ち。スティーブンソン(24)はジェレマイア・ナカシリャ(ナミビア)と暫定王座を争い、完封勝利で戴冠。しかしヤマ場の乏しい攻防に終始した。計量後2人は1分近くにらみ合い、スティーブンソンがヘリングのベルトに手をかけたところで関係者に止められた。

 前座カードではモハメド・アリ氏の孫、ニコ・アリ・ウォルシュ(米)がプロ転向2戦目(ミドル級4回戦)、イベンダー・ホリフィールドの息子イバン・ホリフィールドがS・ウェルター級6回戦に出場。またプエルトリコのプロスペクト、ザンデル・サヤスがウェルター級6回戦を行う。Photo by Mikey Williams / Top Rank

Related

関連記事