日本語

Home > ニュース > 入江聖奈、並木月海が順当勝ち アマ全日本選手権きょう28日決勝 
ニュース

2021年11月28日 日曜日

入江聖奈、並木月海が順当勝ち アマ全日本選手権きょう28日決勝 

 アマチュアの2021全日本ボクシング選手権(男女シニア)は27日準決勝を終え、男女それぞれの決勝進出者が出そろった。

決勝に進出した女子フェザー級の入江(右)

 この日は女子の一番手でフェザー級準決勝に東京五輪で金メダルを獲得して名を上げた入江聖奈(日体大)が今大会初登場。美坂穂香(青森大)を圧倒し2回RSCで快勝した。決勝では同僚の松持亜美と対戦する。同じく東京五輪フライ級銅メダリストの並木月海は決勝で全日本初王座に挑む。

 また男子ミドル級の五輪代表・森脇唯人(自衛隊体育学校)は同僚の田中廉人と対戦。チームメートと練習時間をずらすなど戦意高揚を心掛け、試合は5-0判定勝ちだった。男子は新顔が多く、森脇以外のディフェンディング・チャンピオンはライト級の西山潮音(駒大)のみ。

 本日午前11時からの決勝はYouTube チャンネルでライブ配信される(フジテレビで12月21日に録画放映予定)。各カードは以下の通り(左が赤コーナー)。

◆女子
L・フライ級 奈須海咲(拓大)-加藤光(東洋大)
フライ級  並木月海(自衛隊体育学校)-木下鈴花(日体大)
バンタム級 成田華(日体大)-木村萌那(日大)
フェザー級 入江聖奈(日体大)-松持亜美(日体大)
ライト級 田中鈴華(芦屋大)-田口綾華(自衛隊体育学校)
L・ウェルター級 濱口聖羅(拓大)-鬼頭茉衣(中京大大学院)
※女子ウェルター級はエントリーが津端ありさ(コサカジム)のみだったため、認定での優勝が決定している。

◆男子
L・フライ級 小川翼(東農大)-松本流星(三重県スポーツ協会)
フライ級 牧野草子(自衛隊体育学校)-小田切俊平(芦屋大)
バンタム級 原田周大(専大)-矢野利哉(駒大)
ライト級 西山潮音(駒大)-大畑俊平(東洋大)
L・ウェルター級 北本隼輔(駒大)-冨田真広(自衛隊体育学校)
ウェルター級 秋山佑汰(自衛隊体育学校)-諏訪竜介(中大)
ミドル級 森脇唯人(自衛隊体育学校)-近藤陸(自衛隊体育学校)
L・ヘビー級 天井澤一志(拓大)-若谷豪(駒大)

Related

関連記事