June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ワタナベジム会長の罰金50万円取り消し 東日本協会理事会で承認

ワタナベジム会長の罰金50万円取り消し 東日本協会理事会で承認

2022年3月9日 20時50分

 東日本ボクシング協会は9日、理事会を開き、2020年10月にワタナベジムの渡辺均会長(写真)に下した新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン違反の罰金50万円を取り消すことを決めた。

 理事会では当時の処分が重すぎたこと、ワタナベジム関連の興行で新型コロナウイルス対策が十分になされていることが考慮された。渡辺会長は20年9月、ガイドラインで禁止されている座席に座ったり、立ち見をしたりして、再三の注意も応じなかったとして処分された。

 渡辺会長は理事会の決定に感謝の意を表した上で、「今後は、私の経験を生かし顧問相談役として、ボクシング界の発展に務めていく所存でございます」とのコメントを発表した。罰金の50万円は東日本協会に寄付する。

Related article
関連記事