April
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > WBA・L・フライ級スーパー王者の京口紘人 6.10敵地メキシコ防衛戦を大歓迎

WBA・L・フライ級スーパー王者の京口紘人 6.10敵地メキシコ防衛戦を大歓迎

2022年4月28日 15時25分

 WBA・L・フライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が28日、都内で記者会見を開き、6月10日(日本時間11日)にメキシコシティで正規王者エステバン・ベルムデス(メキシコ)と防衛戦を行うと発表した。

1年3カ月ぶりのリングを迎える京口

 京口は昨年3月、米ダラスでアクセル・アラルゴン・ベガ(メキシコ)に5回TKO勝ちして3度目の防衛を成功。2戦連続での海外防衛戦となった。

 アウェーでのファイトを問われた京口は「メキシコ人のベルムデスとメキシコでやるのは最高の舞台だと思う」とこれを大歓迎。その理由を「(今の時代は)海外防衛とか、パッキャオのようにアウェーでジャイアントキリングしないと注目されない。日本で防衛しているだけではダメで、逆にこれはチャンス。これをクリアしてナンボだと思う」と説明した。

 ここまで無敗、2階級制覇を達成している京口だが、今回はWBAから指名された試合にもかかわらず延期を余儀なくされた。その理由は自らのけが。昨年9月に右親指を骨折し、さらに左ヒジと左脚を負傷。「落ち込んだし焦りもあった」というが、けがと正面から向き合って「できることをやろう」と腐らずトレーニングに励んだ。

 左ヒジを痛めている間には、「真っ直ぐのパンチをトレーニングすることができた。右のパンチの精度は上がったと思う」とけがの功名も。けがをしたところも今は痛みもなく、既にスパーリングは40ラウンド程度こなしている。

 ベルムデス対策を進めると同時に、標高2250メートルのメキシコシティで試合をするため高地対策にも着手した。自宅に低酸素状態を作り出すテントを持ち込み、アシックスのトレーニング施設で高地トレーニングも敢行。試合3週間前に現地入りし、メキシコでもシティより高地でトレーニングする予定で、「あまり高地は心配していない」と万全の準備に自信を見せる。

 対戦相手のベルムデス(26=14勝10KO3敗2分)は長身で、「リーチが長いので遠い距離では警戒したい」と分析しながらも、「アウェーだから倒さないといけないという焦りはない。自分のボクシングをすれば評価されると思う。中盤以降にチャンスがくると思う」との言葉は頼もしい。

 海外で評価を高めて、統一戦などのビッグマッチにつなげるというのが京口(28=15勝10KO)の狙い。まだ先を目指す王者は「これをクリアすれば違う景色が見られると思う」と腕を撫した。なお試合の模様はDAZNが世界にライブ配信。京口の試合がメインイベントだ。

Related article
関連記事