日本語

Home > ニュース > WBOフライ級V2の中谷潤人 地元相模原市から「称賛の盾」贈られ決意新た
ニュース

2022年5月2日 月曜日

WBOフライ級V2の中谷潤人 地元相模原市から「称賛の盾」贈られ決意新た

 WBO世界フライ級チャンピオンの中谷潤人(M.T)が2日、神奈川県・相模原市役所を訪れ、4月9日に行ったV2戦の勝利報告を行った。

中谷は相模原市役所で勝利報告を行った

 この日、中谷は市役所の本館ロビーに設けられたステージで市職員から花束を受け取り、「いつも応援をありがとうございます。応援の言葉が励みになるので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします」とあいさつ。

 スポーツや芸術の分野で優れた成績を収めた選手、団体を対象とした「称讃の盾」を本村賢太郎・相模原市長から贈られ、「自分自身に負けないトレーニングをこれからも続けていただき、世界に羽ばたいてほしい」と激励を受けた。中谷にとっては2020年に初めて世界王座を奪取した際に続く栄誉。

 報告会では、市民からも質問が次々と飛んだ。「憧れの選手は」といったボクシングに関する質問から、「相模原で住んでみたいところは?」との地元ネタまで。「今住んでいる緑区が気に入っているので、このまま住んでいたいです」とチャンピオンは丁寧に応えていた。

 次戦は未定だが、「パウンド・フォー・パウンド・ランキングに入っていける選手になりたいです」と最近よく口にする目標をきっぱりと述べた。階級アップも時間の問題の中谷は「どの階級にいてもPFPランキングに入れるようでありたい」という。

 村田諒太-ゴロフキン戦のセミで行われたV2戦では山内涼太(角海老宝石)を相手に完勝。反響はやはり大きく、DAZNで配信された海外の同業ボクサーからも「よかった」という声をもらったという。ジムワークはすでにスタートしている。

Related

関連記事