日本語

Home > ニュース > 前日本S・ウェルター級王者、松永宏信がメキシコで判定負け
ニュース

2022年5月3日 火曜日

前日本S・ウェルター級王者、松永宏信がメキシコで判定負け

 先月30日(日本時間1日)メキシコのプエブラに遠征した前日本S・ウェルター級王者の松永宏信(横浜光=写真)はジョニー・ナバレッテ(メキシコ)とのS・ウェルター級10回戦に2-0判定負けした。

 昨年8月に続き2度目のメキシコ遠征となったサウスポーの松永は序盤からアグレッシブなボクシングでナバレッテにロープを背負わせた。コツコツとパンチを放つ松永に対し、ナバレッテは松永のアタックをしのぎながら、左右のアッパーやボディ打ちで突然反撃するスタイル。軍配はメキシカンに上がった。

 勝ち星に恵まれなかった34歳の松永は20勝13KO2敗。2014年の新人王戦で別府優樹に敗れて以来の黒星となった。ナバレッテは35勝15KO17敗2分。

Related

関連記事