日本語

Home > ニュース > 地元立川の星 日本ライト級7位の齋藤眞之助がフルマーク判定勝ち
ニュース

2022年6月12日 日曜日

地元立川の星 日本ライト級7位の齋藤眞之助がフルマーク判定勝ち

「GENKOTSU.vol5」が12日午後、東京・立川市のアリーナ立川立飛で行われた。石川ジム立川が中心になったこれが5度目の興行。メインの8回戦に登場した日本ライト級7位の齋藤眞之助(石川ジム立川)がノーランクのイケメン淳(三谷大和スポーツ)に大差判定勝ちを飾り、地元ファンを喜ばせた。

齋藤(右)は最終回に猛攻を仕掛けた

 齋藤は181㎝の長身を活かして淳にジャブ、右ストレートを決め、淳が好む接近戦でもアッパーを多用して毎回ポイントを上げた。しかし集中打が出ず、最終回に右を決めた後に淳を猛攻してあと一歩まで追い詰めたものの、KOはならず。スコアは3ジャッジ全員が80-72のフルマークをつける圧勝だった。

 齋藤(26歳)はこれが10勝目(2KO4敗)。敗れた淳(32歳)はこれで5連敗。7勝2KO9敗2分となった。

強打の大野(右)はTKO勝ち

 この日もうひとつの8回戦では、齋藤の同僚大野俊人(石川ジム立川)が木村文祐(JM加古川)に6回終了TKO勝ち。大野の攻勢の前に木村も5回まで劣勢ながら耐えていたが、6回は防戦一方で手が出なくなり、この回を終えてコーナーが棄権を申し出た。大野(26歳)は9勝全KO4敗2分。木村(34歳)は9勝6KO10敗1分。

Related

関連記事