日本語

Home > ニュース > あす日本バンタム級タイトル戦 “苦労人”澤田京介の初防衛か、“待たされた”堤聖也の初戴冠か
ニュース

2022年6月22日 水曜日

あす日本バンタム級タイトル戦 “苦労人”澤田京介の初防衛か、“待たされた”堤聖也の初戴冠か

 あす23日、後楽園ホールで開催される「DANGAN251」の計量が22日、日本ボクシングコミッションで行われた。メインの日本バンタム級タイトルマッチは、王者の澤田京介(JB SPORTS)がリミットの53.5キロ、挑戦裟1位の堤聖也(角海老宝石)が53.4キロで合格した。

王者の澤田(左)が最強挑戦者の堤を迎える

 澤田(34=15勝6KO2敗2分)は2月、大嶋剣心(帝拳)との王座決定戦を制した。王者のタイトル返上や対戦相手の計量失格などで時間がかかり、挑戦者決定戦での勝利からいつに2年3カ月をへての日本タイトルを獲得だった。

計量後の取材では「向こうはいろいろなことをしてくると思うので、それに惑わされず自分のボクシングを貫きたい」と力強くコメント。あすは250人の応援団のサポートを受け、初防衛を目指す。

 挑戦者の堤(26=5勝4KO2分)は完全にスイッチが入った状態で、計量では澤田のベルトをジーッとにらみつけた。ベルトへの思いを問われると、「だれよりも強いと思います。ジュニアを含めて日本一にはなっていない」とコメント。「しっかりコンディション、メンタルを作ること」を勝利のポイントにあげ、自分の力を出せばベルトはついてくると信じている。

和氣(右)と水谷のセミにも注目

 セミのS・バンタム級8回戦は、元OPBF、日本S・バンタム級王者の和氣慎吾(FLARE山上)が日本同級9位の水谷直人(KG大和)とサウスポー対決。前戦で井上拓真(大橋)に敗れた和氣は背水の陣。水谷はビッグネーム撃破で上位進出を狙う。

 メインとセミに出場する4選手の意気込み、物語はDANAGN noteから。
澤田京介→ https://note.com/dangan_box/n/nc2ba7e620982
堤聖也→ https://note.com/dangan_box/n/nd1fbce1f69cd
和氣慎吾→ https://note.com/dangan_box/n/nb3e65e2a349f
水谷直人→ https://note.com/dangan_box/n/n1f52a56ef6a8

 試合の模様はBOXING RAISEでライブ配信される。解説は元OPBF・S・ライト級王者の内藤律樹(E&Jカシアス)とOPBFバンタム級王者の栗原慶太(一力)。なお、セミセミで予定されていた花森成吾(JB SPORTS)と高木裕史(E&Jカシアス)のバンタム級8回戦は、花森の棄権により中止となった。

Related

関連記事