日本語

Home > ニュース > カネロvs.ゴロフキン3はTモバイル・アリーナ 9.17スーパー・ミドル級4団体統一戦
ニュース

2022年6月22日 水曜日

カネロvs.ゴロフキン3はTモバイル・アリーナ 9.17スーパー・ミドル級4団体統一戦

 9月17日開催と発表されていたサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)とゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)による第3戦の試合会場がラスベガスのT-モバイル・アリーナに決定した。主催のマッチルームボクシングが発表した。

 引き分けに終わった17年9月の第1戦、カネロが2-0判定勝ちを収めた翌年9月の第2戦の会場はT-モバイル・アリーナで第3戦も同じアリーナでの開催となった。過去2試合はミドル級。今回はカネロが保持するS・ミドル級4団体のベルトをかけて争われる。

 カネロ(31=57勝39KO2敗2分)は5月、WBA・L・ヘビー級スーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に敗れてからの再起戦。ボクシング界の第一人者として威信回復が問われる一戦となる。

 ゴロフキン(40=42勝37KO1敗1分)は4月、さいたまスーパーアリーナで村田諒太(帝拳)を下してWBAミドル級王座を吸収。ミドル級2冠王者の肩書きで、自身初のS・ミドル級戦に挑む。

 各ブックメーカーが出しているオッズは、カネロの勝利が1.22倍、ゴロフキンの勝利が4倍といったところで、現時点ではカネロに大きく傾いている。

Related

関連記事