June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 赤井英和ジュニア英五郎プロ初白星、帝拳ホープ高見亨介、増田陸、齋藤麗王そろって初回KOデビュー

赤井英和ジュニア英五郎プロ初白星、帝拳ホープ高見亨介、増田陸、齋藤麗王そろって初回KOデビュー

2022年7月2日 19時09分

「第614回ダイナミックグローブ」が2日、後楽園ホールで開催された。オープニングファイトの東日本新人王ミドル級予選で、現役時代に“浪速のロッキー”として活躍した俳優の赤井英和さんの長男、赤井英五郎(帝拳)がマッチョパパ一基(協栄新宿)に2回50秒TKO勝ち。プロ初勝利を飾った。

赤井は右アッパーで強烈なダウンを奪った

 赤井は昨年9月、プロデビュー戦に挑み1回TKO負け。雪辱を期す赤井は初回、いきなり一基の左フックをもらってピンチを迎えた。ここからは互いに手を出し、どちらが倒れるか分からないスリリングな展開。しかし、赤井が徐々に一基の左フックに慣れ、右をヒットするようになる。

 一基が息切れした2回、赤井の右アッパーがきれいに決まり、一基がキャンバスに落下。主審がノーカウントで試合を止めた。27歳の赤井は1勝1KO1敗。33歳の一基はデビュー戦を飾ることができなかった。

父・英和さんの祝福を受けた赤井

 赤井は「もらってから目が覚めた。(ダウンを奪った)右アッパーは練習していなかったけど、空いていたから出した」と初勝利にホッとした表情。英和さんから「英五郎のパンチが強いのは足が強いから。今日は足からのパンチが出た」と評価を受けた赤井は「今日は運良く勝てたけど、僕もパンチをもらった。直さなくちゃいけないところを直して次の試合に臨みたい」と気持ちを引き締めていた。

 この日は帝拳期待のアマチュア出身3選手がB級デビュー戦を行った。宮崎・日章学園高で高校6冠に輝いた東農大出身の齋藤麗王(アマ81戦70勝11敗)、東京・目黒日大高で2冠の高見亨介(アマ47戦43勝4敗)、広島・広陵高、立教大出身の増田陸(アマ66戦52勝14敗)が初陣を飾った。

安定した戦いぶりで2勝目を挙げた藤田(右)

◇フェザー級6回戦
藤田健児(帝拳)[3-0(59-55×2、60-55)]ジェスティン・テソロ(フィリピン)
 アマ153勝のサウスポー藤田がプロ2戦目。藤田はよく脚を動かしながら、リードの右から左につなげてテソロを崩しにかかった。体の強そうなテソロも力強い右を打ち込んで対抗。しかしスピードと技術で上回る藤田は徐々にパンチの精度を上げ、左ストレートを顔面に打ち込み、ボディ打ちも交えてテソロにダメージを与えていった。

 藤田は多彩なパンチを打ち込み続けたが、後半はやや攻め急いだが、クリンチのシーンが増えていった。テソロはよく粘り、最後まで力強い右で勝利をあきらめなかった。藤田は2勝1KO。テソロは6勝2KO4杯。

圧勝で初陣を飾った齋藤

◇S・フェザー級6回戦
齋藤麗王(帝拳)[KO1回1分7秒]サマート・スプラッカン(タイ)
 同じ高校6冠の粟生隆寛トレーナーとタッグを組む齋藤は左ボディと右オーバーハンドでダメージを与えて最初のダウンを奪った。立ち上がったサマートを詰めて最後は左フックでカウントアウトした。サマートは1勝1敗。

増田は左ストレートで試合を決めた

◇S・フライ級6回戦
増田陸(帝拳)[KO1回1分50秒]ウォーラポン・ヨーティカ(タイ)
 サウスポーの増田がスタートからプレスをかけ左ストレートを上下に散らした。ウォーラポンも右を打ち込んでいったが、増田の左ストレートが一閃、タイ人がキャンバスに崩れ落ちた。立ち上がったものの10カウントとなった。ウォーラポンは1勝1KO1敗。

右で試合を決めた高見

◇L・フライ級6回戦
高見亨介(帝拳)[KO1回1分12秒]ウッティチャイ・モントゥリ(タイ)
 高見はスタートから積極的に右を振っていった。ウッティチャイも強気に返したが、右の相打ちを高見が制するとウッティチャイがグシャリとダウン。10カウントが数えられた。ウッティチャイは2勝1KO1敗。

Related article
関連記事