日本語

Home > ニュース > WBOフライ級王者の中谷潤人がゴルフ場走り込み 次戦未定も「秋ごろを目処」に調整
ニュース

2022年8月8日 月曜日

WBOフライ級王者の中谷潤人がゴルフ場走り込み 次戦未定も「秋ごろを目処」に調整

 WBOフライ級チャンピオンの中谷潤人(M.T)が8日、神奈川県の相模湖カントリークラブで走り込みの合宿を行った。トレーニングの様子がM.Tジムから届いた。

 合宿は1日のみ。中谷は同門の斎藤哲平、スパーリングをしているフェザー級の福永輝(沖縄ワールドリング)、プロ入り前の野中太陽、水越多一とともにアップダウンのある同カントリークラブ桜コースを2時間近く走り込んだ。

 中谷は今回の走り込みのテーマを「アメリカ合宿に行かせてもらう前にしっかりと刺激を体に入れていく」と説明。アップダウンがありながら、ヒザに負担のかからない芝の上を走ることはメリットが大きいという。

 中谷は7月上旬にロサンゼルス合宿から帰国し、スパーリングを重ねてトレーニングを続けてきた。今後は再びアメリカに渡り、岡辺大介、ルディ・エルナンデスの両トレーナーのもとで調整する予定。次戦については「秋ごろを目処に調整しています」と語った。写真=M.Tジム提供

Related

関連記事