April
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 佐々木尽も11.15「KO祭」に出場 タイ選手と8回戦

佐々木尽も11.15「KO祭」に出場 タイ選手と8回戦

2022年10月22日 17時56分

 ラスベガス合宿から戻ったばかりの日本ウェルター級3位、佐々木尽(八王子中屋)が22日、都内の志成ジムで会見に臨み、11月15日に後楽園ホールで次戦を行うことを発表した。当日は比嘉大吾(志成)の試合がメインで、佐々木はセミでパティパーン・クロンクラーン(タイ=10勝6KO3敗1分)との65.6キロ契約8回戦に出場する。

成長ぶりを披露する意欲の佐々木

 佐々木は10日間のトレーニングキャンプを終えて昨日帰国。米国では20ラウンドほどスパーリングを行った。向こうの中量級選手は日本人ボクサーよりも体の強さがあったというものの、「そこまでとは感じなかった」と手ごたえがあった様子。

 過去に計量で痛い目を見ている佐々木だが、最近は栄養面の指導も受け、普段から節制に気を配っているという。「今は脂肪を削ることを考えてやっています」と佐々木。ボクシング自体にも意識の変化があり、「これまではケンカの気持ちが強かった。これにテクニック面も加えつつ、でも自分のダイナミックさは失いたくない」と佐々木は言う。

 アドレナリンが出すぎて硬くなってしまった前戦(関根幸太朗)の反省から、冷静さも必要だと気付いたそうだ。「冷静にやりつつ、ド派手なKO勝ちを見てほしい」とPRした。

 当日は比嘉のほか、高橋拓磨、鈴木稔弘(ともに志成)らが出場。「KO祭」ともうたわれているように、最短KOタイムをマークした勝者には主催者から金一封が贈られる。佐々木も当然これを「狙う」と言っていた。

Related article
関連記事