May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 神戸で番狂わせ 小國、和氣にTKO負け 

神戸で番狂わせ 小國、和氣にTKO負け 

2013年3月10日 19時46分

 OPBF(東洋太平洋)S・バンタム級タイトルマッチが10日、神戸サンボーホールで行われ、挑戦者和氣慎吾(古口)が王者小國以載(VADY)に10回終了TKO勝ち。殊勲のタイトル奪取をとげた。小國は4度目の防衛に失敗。

 試合は終始挑戦者ペース。2回に左でダウンを奪ったサウスポー和氣が快調に飛ばし、チャンピオンは追いかける展開となった。しかし和氣の左ストレートを真っ正直に食い続けるなど精彩を欠いたまま。8回を終えたあとの途中採点も79-73、78-73、80-71と大差をつけられた。小國はなおもファイター化して逆転打を狙っていったが、スマートな和氣に両目上を切り裂かれ、10回終了間際にはしたたかに打たれた。結局この回のインターバルで高嶋穣会長が棄権を申し出た。

 タイトル初挑戦を実らせた和氣は「練習したとおり。本当にかみ合った」としてやったり。小國得意の右ストレートも見切り、会心の内容だった。小國はプロ初黒星(10勝2KO1敗)。

Related article
関連記事