April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > L・フライ級2団体王者の寺地拳四朗 対戦相手急きょ変更もノープロブレム「倒して勝つ」

L・フライ級2団体王者の寺地拳四朗 対戦相手急きょ変更もノープロブレム「倒して勝つ」

2023年4月6日 15時52分

 WBA&WBC世界L・フライ級チャンピオンの寺地拳四朗(BMB)が6日、東京ドームホテルで開かれた「Prime Video Presents Live Boxing」第4弾の記者会見に出席。メインイベンターとして望むL・フライ級2団体の防衛戦への意気込みを語った。

代打のオラスクアガ(左)と王者の寺地

 WBO王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)がマイコプラズマ肺炎を患い、試合の10日前に対戦相手が急きょアンソニー・オラスクアガ(米)に代わった。それでも寺地は「サウスポーからオーソドックスに代わったけど、僕のやることはそんなに変わらない。今までの経験をいかしてオーソドックスでも対応できるので絶対に勝ちます」と言い切った。

 オーソドックスとのスパーリングは4ラウンドを3回だそうだが、それだけでまったく問題はないのだという。寺地は「前に出てしっかり倒しにいきたい。KOで勝ちたい」と格の違いを見せるつもりでいる。

 WBAフライ級2位のオラスクアガは5勝3KO無敗とキャリアはないものの、将来を嘱望されるホープ。ゴンサレスのようなやりにくさはないが、パンチがあって決して油断できる選手ではない。関係者の間からは「かなりやりそうだ」との声も聞こえてくる。

 思わぬ形でチャンスを手にしたオラスクアガは「大きな舞台で自分のスキルが発揮できることを楽しみにしている。寺地は強いボクサーだが、勝てると信じてリングに上がる」と笑顔でアップセットを誓った。

中央がトップランクのドゥボーフ社長

■4.8有明アリーナ「Prime Video Presents Live Boxing」
◇第5試合 20時10分ごろ開始
 WBA&WBC・L・フライ級タイトルマッチ
 王者・寺地拳四朗(BMB)×挑戦者・アンソニー・オラスクアガ(米)

◇第4試合 19時ごろ開始
 WBAバンタム級王座決定戦
 リボリオ・ソリス(ベネズエラ)×井上拓真(大橋)

◇第3試合 18時15分ごろ開始
 S・バンタム級6回戦
 与那覇勇気(真正)×那須川天心(帝拳)

◇第2試合
 WBOアジアパシフィック・ウェルター級タイトルマッチ
 王者・佐々木尽(八王子中屋)×挑戦者・小原佳太(三迫)

◇第1試合 16時ごろ開始
 IBFフェザー級挑戦者決定戦
 キコ・マルティネス(スペイン)×阿部麗也(KG大和)

Related article
関連記事