July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Thunderstorm
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウェルター級王者候補オルティス戦線復帰 スタニオニスと7.8仕切り直し

ウェルター級王者候補オルティス戦線復帰 スタニオニスと7.8仕切り直し

2023年5月16日 9時22分

 WBAウェルター級レギュラー王者エイマンタス・スタニオニス(リトアニア)への挑戦を病気のため延期した同級1位バージル・オルティスJr(米=写真)が復調。7月8日テキサス州サンアントニオで再度スケジュールが組まれた。会場はAT&Tセンター。主催のゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)通達した。

 スタニオニスvs.オルティスは最初、1月にセットされたが、スタニオニスが盲腸炎にかかり延期された。再スケジュールは4月29日、オルティスの地元テキサス州アーリントンだったが、オルティスが横紋筋融解症を再発したため、これも延期を余儀なくされた。

 ESPNやGBPによると、オルティスは新型コロナウィルス感染症による横紋筋融解症再発が原因で戦線離脱を強いられたという。しかし回復し、本格的なトレーニングを開始している。

 ウェルター級はWBAスーパー王座を含めて3冠を保持するエロール・スペンスJr(米)がWBO王者テレンス・クロフォード(米)との4団体統一戦が期待され、交渉合意の報道が何度かあったものの、正式発表に至っていない。大器オルティスが戴冠すれば、ウェルター級戦線が一段とヒートアップするものと推測される。

Related article
関連記事