ジョシュアがクチリコ戦へ、ヤファイWBA・SF級王者

  英マンチェスターで10日(日本時間11日)行われたIBF世界ヘビー級タイトルマッチは、...
>>続きを読む

パーカーがNZ初世界王者、WBOヘビー級王座獲得

  ニュージーランド・オークランドのビクター・アリーナで10日行われたWBO世界ヘビー級王...
>>続きを読む

クエジャールvsマレス、チャーロ防衛戦もあすゴング

 米カリフォルニア州ロサンゼルスのUSCガーデンでは、プレミア・ボクシング・チャンピオンズがダブル世...
>>続きを読む

フランプトンから2度ダウン、コブリータJr死す

 メキシコから痛ましいニュースが伝わった─。元WBC世界フェザー級王者アレハンドロ“コブ...
>>続きを読む

ジョシュアがクチリコ戦へ、ヤファイWBA・SF級王者
パーカーがNZ初世界王者、WBOヘビー級王座獲得
クエジャールvsマレス、チャーロ防衛戦もあすゴング
フランプトンから2度ダウン、コブリータJr死す

ohashi

ohashi

pia201612

pia201612

2016年12月11日日曜日

ジョシュアがクチリコ戦へ、ヤファイWBA・SF級王者

  英マンチェスターで10日(日本時間11日)行われたIBF世界ヘビー級タイトルマッチは、王者アンソニー・ジョシュア(英)が挑戦者8位エリク・モリナ(米)に3回2分2秒TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。マッチルームボクシングのエディー・ハーン・プロモーターは試合後、ジョシュアと元ヘビー級統一王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)との一戦を来年4月29日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催すると発表した。

 モリナを3回で一蹴し、ジョシュアは無敗レコードを18勝18KOに伸ばした。試合後にはクリチコがリングイン。来春のビッグマッチに向け機運を高めた。この試合は、ジョシュアの持つIBF王座に加え、WBA王座もかけられる模様。昨年6月のWBC王者デオンタイ・ワイルダー(米)戦に続く世界挑戦失敗に終わったモリナは25勝19KO4敗。

 同じリングで行われたWBA世界S・フライ級王座決定戦は、同級10位のカリド・ヤファイ(英)が前日に計量失格で王座をはく奪されたルイス・コンセプシオン(パナマ)に3-0判定勝ち。スコアは120-108、119-108、117-110。10回に前王者からダウンを奪ったヤファイは21勝14KO無敗。コンセプシオンは35勝24KO5敗。なおWBA・S・フライ級は1位の石田匠(井岡)を含め、日本人5選手がランク入りしている。

 セミファイナルのヘビー級戦は、WBC10位のディリアン・ホワイト(英)が11位デレク・チゾラ(英)に2-1判定勝ち(115-113、115-114、114-115)。ホワイトは20勝15KO1敗。試合前の記者会見で机を投げるなど暴れ、英国ボクシング管理委員会から2年間のライセンス停止処分を受けたチゾラは26勝18KO7敗。

 2月にカール・フランプトンとのS・バンタム級統一戦に敗れた元WBA同級王者スコット・クイッグ(英)はホセ・カイエターノ(メキシコ)に9回1分23秒TKO勝ち。WBAインターナショナル・フェザー級王座を獲得した。WBAヘビー級2位ルイス・オルティス(キューバ)はデビッド・アレン(英)に7回2分59秒TKO勝ち。ロンドン五輪女子ライト級金メダリストのケイティー・テイラー(アイルランド)はプロ第2戦に判定勝ちした。 Photo/BoxingScene.com



2016年12月11日日曜日

パーカーがNZ初世界王者、WBOヘビー級王座獲得

  ニュージーランド・オークランドのビクター・アリーナで10日行われたWBO世界ヘビー級王座決定戦は、ランキング1位ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)が3位アンディ・ルイス(メキシコ)を2-0のマジョリティー判定で下し前王者タイソン・ヒューリー(英)が返上したベルトを継承した。ヒューリーは10月、薬物とアルコール依存症を理由に自ら王座を放棄していた。

 両者は3年前、ラスベガスでスパーリングを行った経緯があった。序盤、手数を出して先制したルイスに、地元のパーカーは4、5回とジャブを駆使して挽回。そのまま中盤有利に進めたパーカーに8回、ルイスは接近戦から強烈な右を打ち込む。10回ルイスのパワーパンチが決まるが、パーカーはラスト2回、ルイスのチャージをかわしてゴールイン。接戦は115-113×2、114-114の2-0でパーカーが支持された。

 大きな見せ場はつくれなかったものの、ベルトを巻いたパーカー(22勝18KO無敗)は「ドリーム・カム・トゥルー。アンディ・ルイスはスピードとパワーを披露したグレートな選手だ」とコメント。長いボクシングの歴史でもヘビー級のみならず、全階級を通じてニュージーランド出身初の世界王座獲得の快挙を成し遂げた。

 一方ルイス(29勝19KO1敗)は初黒星。「私が勝ったと思う。悪くてもドロー。我々はいい仕事をした。ジョセフ・パーカーを祝福する。ここでまた戦いたい」と前を向いた。



2016年12月10日土曜日

クエジャールvsマレス、チャーロ防衛戦もあすゴング

 米カリフォルニア州ロサンゼルスのUSCガーデンでは、プレミア・ボクシング・チャンピオンズがダブル世界タイトルマッチを行う。こちらの現実計量は9日行われ、出場4選手が無事計量をクリアした。

 WBA世界フェザー級タイトルマッチは、レギュラー王者ヘスス・クエジャール(アルゼンチン)が挑戦者アブネル・マレス(メキシコ=米)を迎えて防衛戦。当初は7月に予定されていた試合がマレスの都合でこの時期まで延期された。

 これが1年ぶりの防衛戦となるクエジャールに対し、元3階級制覇王者のマレスは昨年8月、WBAフェザー級スーパー王者だったレオ・サンタクルス(メキシコ=米)に敗れて以来1年4カ月ぶりのリング。クエジャールに勝ってベルト獲得とともに復活をアピールしたいところだ。クエジャールは124ポンド(56.24キロ)、マレスはリミットの126ポンド(57.15キロ)。

 IBF世界S・ウェルター級タイトルマッチは、王者のジャモール・チャーロ(米)が挑戦者にジュリアン・ウィリアムスを迎えて防衛戦。双子の弟ジャーメルがWBC同級王座を保持するジャモールは3度目の防衛戦だ。ジャモールは153.4ポンド(69.58キロ)、世界タイトル初挑戦のウィリアムスはリミットの154ポンド(69.85キロ)。Photos:Stephanie Trapp/Showtime



2016年12月10日土曜日

フランプトンから2度ダウン、コブリータJr死す

 メキシコから痛ましいニュースが伝わった─。元WBC世界フェザー級王者アレハンドロ“コブリータ”ゴンサレス(メキシコ=写真)の息子で、世界挑戦も経験したアレハンドロ“コブリータ”ゴンサレスJrが9日早朝、グアダラハラの自宅近くで死体で発見された。23歳の若さだった。ゴンサレスJrの死体は他の2人の若者の死体といっしょにピックアップ・トラックの荷台に積まれていたという。

 ゴンサレスJrは父らの指導で10年3月にプロデビュー。2ドローをはさんで22連勝し将来を嘱望された。14年4月、元IBF世界S・フライ級王者アルベルト・ロサス(メキシコ)に負傷判定負けで初黒星を喫した。

 その後、3連勝し15年7月、階級を上げてIBF世界S・バンタム級王者カール・フランプトン(英)に米テキサス州で挑戦。初回に2度ダウンを奪う健闘を披露するも12ラウンド3-0判定で敗れた。同じく昨年11月、世界ランカー、カリム・ゲルフィ(フランス)と対戦したが10回判定負け。最新試合は10月グアダラハラで行ったが、負け越し選手とドローに終わった。WBC最新ランキングでバンタム級36位にランクされていた。

 以前は父、祖父、弟とともにロサンゼルスでトレーニングを行っていたが、最近はグアダラハラに戻り、再度世界挑戦を目指していた。近年、治安が悪化しているメキシコで何かのトラブルに巻き込まれたようだが、容疑者等は判明していない。生涯戦績は25勝15KO3敗3分。挑戦を受けたフランプトン(現WBA世界フェザー級“スーパー”チャンピオン)が哀悼の言葉をツイッターで発信している。



2016年12月10日土曜日

チャベスJrは計量クリア、相手のブリッチ「驚いた」

  明日10日(日本時間11日)メキシコ・モンテレーのアレナ・モンテレーに元WBC世界ミドル級王者フリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)が登場。ドミニク・ブリッチ(ドイツ)とS・ミドル級10回戦を行う。9日行われた計量で、チャべスは167.9ポンド(76.16キロ)、ブリッチは167.5ポンド(75.98キロ)をマークし、リミットの168ポンドをクリアした。

 リング外の行動や節制に問題を抱えるチャべス(49勝32KO2敗1分)は1年5ヵ月ぶりのリング。ブランク中は再度、フレディ・ローチの門を叩くもジムから離れることが多くなり、伯父のトレーナー(父チャベスの兄)に師事してカムバックを図った。「もしブリッチに勝てないなら、もうリングに上がらない」と公言しており、背水の陣で明日の試合を迎える。

 対するブリッチ(32勝11KO2敗1分)は「(過去に何度もウエートで問題を抱えた)チャベスが体重をつくったのに本当に驚いた。アレナ・モンテレーを初めて見て(立派なのに)びっくりした。明日はファンのためにグッドファイトをお見せしたい」とコメント。

 会場は以前、西岡利晃vsジョニー・ゴンサレスや亀田興毅の試合が挙行されたアリーナ。アンダーカードではプロモーター、サンフェル・プロモーションズの新鋭たちやジュニアの弟オマール・チャベスらが出場する。



Page 1 of 1,75512345