井上尚「ビッグマッチにつなげる」全米生中継も決定

 25日に迫ったダブル世界タイトルマッチの記者会見が23日、東京ドームホテルで開かれ、WBA世界バン...
>>続きを読む

ローマンがフローレスとV2戦 ゴメス氏再び入院

■日本で久保隼(真正)から王座奪取、松本亮(大橋)を退けて初防衛を果たしたWBA世界S・バンタム級王...
>>続きを読む

ネリが地元で復帰戦 パブスタンと10回戦

 山中慎介との再戦で大幅な体重オーバー、タイトルを剥奪されるともにJBCから日本国内での試合に関して...
>>続きを読む

マクドネル陣営ピリピリ 井上尚弥は好調キープ

 25日大田区総合体育館でゴングとなるダブル世界タイトルマッチの予備検診が22日、後楽園ホールで行わ...
>>続きを読む

井上尚「ビッグマッチにつなげる」全米生中継も決定
ローマンがフローレスとV2戦 ゴメス氏再び入院
ネリが地元で復帰戦 パブスタンと10回戦
マクドネル陣営ピリピリ 井上尚弥は好調キープ

2018年5月23日水曜日

井上尚「ビッグマッチにつなげる」全米生中継も決定

 25日に迫ったダブル世界タイトルマッチの記者会見が23日、東京ドームホテルで開かれ、WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(英)、挑戦者の井上尚弥(大橋)、WBC世界L・フライ級王者の拳四朗(BMB)、挑戦者ガニガン・ロペス(メキシコ)が出席した。

 この日、ダブル世界タイトルマッチの模様が英国のスカイスポーツに続き、ESPN+で全米に生中継されることが発表され(東部時間午前7時15分開始)、この一戦が世界的にも注目を集めていることが明らかになった。

 会見では先にマイクを握ったマクドネルが「井上はパウンド・フォー・パウンド・ランキング7位の実力者。チャンピオンとして井上に勝てば、私の名前も世界に知られるだろう」と井上を踏み台にステップアップする決意を表明。「すべてにおいて私が勝っている」とこの日も力強い発言で締めた。

 下馬評で不利が予想されることについては、トレーナーのコールドウェル氏が「それは他人の意見。真実は試合をしてみないと分からない。ジェイミーは亀田にも2度勝った」と強調した。

 一方の井上は「バンタム級初戦で過去最高の相手と戦えることに感謝したい」とまずはチャンピオンに敬意を表した。全米での放送も決まり「すごく盛り上がっている試合だと実感している。この先のトーナメント(WBSS)だったり、ビッグマッチにつながるので、はっきりした形で勝利したい」とこちらもこの試合をクリアして、更なる高みを目指す考えだ。

 今回が3度目の防衛戦となる拳四朗は「前回の試合に比べてサウスポーに慣れた。自分の距離感を持って、入らせず、打たせないボクシングをしたい」と語り、成長する姿を見せるとファンに約束した。

 1年前に小差判定でベルトを奪われたロペスは「調子が上がっている。私が世界チャンピオンであることを証明する」とリベンジへの決意を表明した。

 なおチケットは早々に完売しており、当日券はない。試合の模様はフジテレビ系列で生中継される。スタート時間は関東地区が午後7時57分、関西地区がプロ野球中継のため9時、その他の地区は8時2分という具合で地域によって異なる。



2018年5月23日水曜日

ローマンがフローレスとV2戦 ゴメス氏再び入院

■日本で久保隼(真正)から王座奪取、松本亮(大橋)を退けて初防衛を果たしたWBA世界S・バンタム級王者ダニエル・ローマン(米=写真)のV2戦が6月16日、米テキサス州フリスコで挙行される運びとなった。ローマンの相手はWBA暫定王者で指名挑戦者のモイセス・フローレス(メキシコ)。当日のメインは王者エロール・スペンス(米)vsカルロス・オカンポ(メキシコ)のIBF世界ウェルター級タイトルマッチ。

■36連続KO勝ち、17連続KO防衛の偉大な記録を持つ元3階級制覇王者ウィルフレド・ゴメス氏(プエルトリコ)が21日サンファンの病院に入院。肺炎が悪化したものといわれ、容体が心配される。ゴメス氏(61歳)は13年にも肺病で重体に陥ったが、回復した。

■デオンタイ・ワイルダーとアンソニー・ジョシュアの現役世界ヘビー級王者に挑戦したエリック・モリナ(米)からパフォーマンスを高揚させる違反物質が検出されたとして英国の反ドーピング機関から2年間の出場停止が下った。該当の試合は16年12月のジョシュア戦。試合から約1年半後の処分通達は異例。モリナ(36)は今週金曜日ワルシャワでマテウシュ・ワフ(ポーランド)と対戦予定だった。



2018年5月23日水曜日

ネリが地元で復帰戦 パブスタンと10回戦

 山中慎介との再戦で大幅な体重オーバー、タイトルを剥奪されるともにJBCから日本国内での試合に関して無期限資格停止処分を受けた前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が6月9日、地元ティファナでリングに上がる。

 同地のアウディトリオ・ムニシパルで復帰するネリ(23)の相手はジェトロ・パブスタン(フィリピン)。プロモーターのサンフェル・プロモーションズがメディアに通達した。契約ウエートに関してはまだ発表されていない。

 ネリ(26勝20KO無敗)は3月の山中戦直後、WBCからも無期限資格処分が通告されたとの報道があったが、ランキングから除外されただけで具体的なサスペンドは下されていない。復帰戦は当初、国境を越えた米国サンディエゴのカジノで行われると伝えられたが、ティファナに変更された。

 パブスタン(28=29勝9KO5敗6分)は昨年日本で高橋達也(ヤマグチ土浦)との決定戦に勝ちWBOアジアパシフィック・バンタム級王座を獲得。しかしV1戦で勅使河原弘晶(輪島功一S)に10回TKO負けで王座転落。その後リングに登場していない。ネリとはサウスポー対決となる。



2018年5月22日火曜日

マクドネル陣営ピリピリ 井上尚弥は好調キープ

 25日大田区総合体育館でゴングとなるダブル世界タイトルマッチの予備検診が22日、後楽園ホールで行われ、WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(英)、挑戦者の井上尚弥(大橋)ら出場4選手が顔をそろえた。

 この日はマクドネル陣営がピリピリとしたムードを漂わせた。身長で10センチ、リーチでも10センチ以上上回ったマクドネルは「もちろん体格のアドバンテージをいかす」と淡々と口にしたが、デイブ・コールドウェル・トレーナーは「言い方を変えて何度も同じ質問をしないでほしい」とストレスを露にした。

 というのも、日本の関係者が「マクドネルは本当に体重を落とせるのか?」と疑い続けているからだ。日本ボクシングコミッションは大橋ジムの要請を受け、検診に合わせてマクドネルに現時点での体重をはかるよう求めたが、英国陣営はこれをかたくなに拒否した。

 試合3日前に体重を計測するというルールはないため、これが問題になることはないが、メディアの質問もウエートに関するものが多く、陣営にしてみれば「馬鹿にしているのか!」という気持ちなのだろう。

 一方の井上は「思っていたよりも身体がしっかりしている。仕上げた来たのだと思う」とマクドネルを評価。自身については「(S・フライ級からバンタム級に上げてその差は)たった1.4キロと思われるかもしれないけど、減量している身体の1.4キロはものすごくデカい。コンディションはいい」と好調をアピールした。

 大橋秀行会長によると、前日に行った最後の練習前で体重はリミットまで1.8キロ。「昨日も10ラウンド、フルパワーでパンチを打っていた」と愛弟子の“ベスト”を保証した。

 なお、ひかりTVなどで知られる株式会社NTTぷららが井上とメインスポンサー契約を結んだことが発表された。主な検診結果は以下の通り。

    マクドネル  井上
身 長 175.5cm  165.2cm
頸 周 37.0cm   35.0cm
胸 囲 96.0cm   90.0cm
リーチ 182.0cm  170.6cm
視力 左右とも1.0 左1.0右0.6

 WBC世界L・フライ級チャンピオンの拳四朗(BMB)は、挑戦者で前王者ガニガン・ロペス(メキシコ)と1年ぶりに対面し、その印象を「少し老けたかな」と笑わせた。

 36歳のロペスはこの話を聞いて「この老人が彼に勝つんだよ」と不敵に笑った見せた。主な検診結果は以下の通り。

    拳四朗   ロペス
身 長 164.5cm  164.5cm
頸 周 34.0cm  36.0cm
胸 囲 84.0cm  90.0cm
リーチ 163.0cm  165.0cm
視力 左1.0右1.2 左右とも1.5



2018年5月22日火曜日

矢田良太が8.11地元凱旋 枚方市で日本王座V1戦

 日本ウェルター級王者、矢田良太(28=グリーンツダ)は22日、本石昌也グリーンツダジム会長とともに大阪府枚方市役所を訪問、伏見隆市長らにタイトル獲得を報告した。

 ずっしり重いチャンピオンベルトを披露した矢田は8月11日、同市体育館で開催予定の初防衛戦(相手未定)に向けて「必ず防衛、その先の世界王者を目指します」と熱い決意を語った。

 矢田選手は枚方市生まれで、長尾小、長尾中学校時代は少年野球の投手で活躍。鹿児島・樟南高に野球留学した。肩を痛めて甲子園の夢はかなわなかったが、ボクシングに転向して2012年にプロデビュー。抜群の身体能力を生かして頭角を現した。今年4月、後楽園ホールで有川稔男(川島)に挑戦、8回TKOで念願のベルトをつかんだ。

 本石会長も3歳から枚方市に住んでおり、昨年8月11日には枚方市の市制施行70周年記念事業の一環で初めて同市でボクシングの興業を開催。矢田も出場して「来年は日本チャンピオンになって戦います」と公約していた。

 枚方市は隣の交野市とともに七夕伝説が伝わっており、彦星の「ひこぼし君」がマスコットキャラクターで活躍。市では枚方市のイメージをもっと全国にアピールしていくために、今年からひこぼしフレンドを設けることに決め、グリーンツダジムがフレンド第1号になり、協定締結式も行われた。

 伏見市長は「枚方での初防衛戦開催を期待しています。枚方市をもっとPRしてください」と激励。本石会長は「8月11日の試合は矢田だけでなくジムの期待の選手が多数出場します。小中高校生と体の不自由な方の入場は無料にしてボクシングで枚方市を盛り上げていきます」と抱負を語った。



Page 1 of 2,18412345