0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年3月13日木曜日

マイキーvsガンボア消滅、内山戦が浮上

マイキーvsガンボア消滅で内山戦浮上(ボクシングニュース)

マイキー・ガルシア

 ボブ・アラム・プロモーター激怒。対戦締結が期待されていたマイキー・ガルシア(WBO世界S・フェザー級王者)vsユリオルキス・ガンボア(WBAライト級暫定王者)戦の交渉が物別れに終わったことが明らかになった。試合は5月17日ロサンゼルスのフォーラム開催の予定で話が進められていた。

内山高志

 米国メディアの取材で、アラム氏によると、提示したファイトマネー以上の額をガンボアは要求したという。「マイキーvsガンボアは成立しない。どうしてマイキーと同額を要求するんだ?(ブランドン)リオスの時も私を辱めた。ガンボアのろくでなし!」と語気を荒げた。ガルシアは別の相手と防衛戦を行う見込み。

 一方でアラム氏はガルシアの相手にWBA同級チャンピオン内山高志(ワタナベ)が候補者であることを明かした。「ウチヤマはベリー、ベリー・グッドファイター。彼は4年間チャンピオンに君臨する。私は彼とガルシアの試合を実現させたい。おそらくマカオが候補地だ」と強調。米国で放映を予定するHBOは好意的ではないというが、アラム氏の手腕に注目だ。