0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年4月17日木曜日

プロボドニコフがアルジェリと防衛戦 6.14NY

 WBO世界S・ライト級チャンピオン“ザ・シベリアン・ロッキー”ことルスラン・プロボドニコフ(ロシア)のV1戦が締結。6月14日ニューヨークのバークレイズ・センターで挑戦者クリス・アルジェリ(米=WBO14位)を迎えることになった。当初この試合はアルジェリの地元ニューヨーク近郊ロードアイランド島のハンチントンで開催と伝えられたが、その後同センターへ変更された。

プロボドニコフの初防衛戦決定(ボクシングニュース)

民族衣装のプロボドニコフ(左)とアルジェリ

 16日(日本時間17日)行われたプレゼンテーションでプロボドニコフは「(ニューヨークの)ブルックリンでファイトできることにとてもエキサイトしている。ロシアからたくさんのファンがこのイベントを観戦に来てくれるでしょう。同時にUSAに住むロシア人たちも私をサポートしてくれるでしょう」とコメント。当初はフアン・マヌエル・マルケスなどビッグネームとの対戦を望み、世界的に無名のアルジェリとの試合に落胆したといわれたが、イベントがグレードアップし、ヤル気を見せている。この日はロシアの民族衣装で登場。

 一方アルジェリは「6月14日が待ち切れない。ルスランはグレートチャンピオンで、J・ウェルター級(S・ライト級)のコンテンダーたちから恐れられている。だから彼との試合のチャンスを熱望していた。私は準備ができている」と発言。キックボクサーとして3階級制覇(S・ライト級~S・ウェルター級)を達成。ニューヨーク工科大学など3大学を卒業した秀才。ブルファイターの王者とは対照的なテクニシャンだ。

 試合はプロボドニコフをプロモートするバンナー・プロモーション、トップランクそしてアルジェリを擁するスター・ボクシングの共同プロモーション。会場のバークレイズ・センターはこれまでトップランクのライバルGBPが興行を展開してきたが、今回からトップランク社も進出する構えをみせる。同じリングでWBO世界S・ウェルター級王者デメトゥリアス・アンドラーデ(米)が指名挑戦者ブライアン“ザ・ライオン”ローズ(英)と初防衛戦を予定する。