2014年6月1日日曜日

ソリマン、シュトゥルム攻略 IBFミドル級

 ドイツのクレフェルトで31日行われたIBF世界ミドル級タイトルマッチは挑戦者1位サム・ソリマン(豪州)が王者フェリックス・シュトゥルム(ドイツ)に3-0判定勝ち。キャリア56戦目で世界王者に就いた。


 ビッグパンチを決めたのはシュトゥルムだったが、コンスタントにプレスをかけたのはソリマン。試合後シュトゥルムは「彼の勝ちは明白。ずっと動き続け、ヒットを奪うのが難しかった」と舌を巻いた。スコアカードは117-111に118-110が2者でソリマンを支持。

 両者は昨年2月対戦し、ソリマンが判定勝利を得たが、ソリマンが薬物検査でアウトになり、無効試合となった。サスペンド処分も受けたがソリマンは実質、強豪シュトゥルムに2連勝。かつては03年に日本で鈴木悟、豊住徳太郎と対戦し、OPBFミドル級王座を防衛したこともある。Photo/BoxingScene.com