2014年6月9日月曜日

ブリーマー2カ月で2度目の防衛成功

 ドイツのシュベリンで7日行われたWBA世界L・ヘビー級タイトルマッチは、“レギュラー”王者ユルゲン・ブリーマー(ドイツ)が挑戦者14位(WBC7位)ロベルト・フェリシアーノ・ボロンティ(アルゼンチン)に3-0判定勝ちで2度目の防衛を果たした。


 序盤、慎重に対処したアルゼンチン人だが、攻撃を仕掛けると、ドイツ人王者の右がポイントを引き寄せる。中盤はブリーマーが断続的に顔面、ボディーと集中砲火し優勢。8回、ボロンティは後頭部への加撃により減点1を喫する。最終回、王者を追い詰めたボロンティだが、時すでに遅し。119-108が2者に118-109とスコアは大差で王者の防衛。ブリーマーは4月に防衛戦を消化しており、約2ヵ月で2度ベルトを守った。Photo/BoxingScene.com