2014年7月5日土曜日

柴田が3-0判定でOPBF・日本ミドル級王座防衛

 OPBF東洋太平洋・日本ミドル級タイトルマッチが5日、後楽園ホールで行われ、チャンピオンの柴田明雄(ワタナベ)が同級2位の西田光(川崎新田)を3-0判定で下し、OPBFタイトルは2度目、日本タイトルは初防衛に成功した。スコアは115-113、116-112、118-110。

 アウトボクサーの柴田にファイターの西田が挑戦。序盤は西田のプレスが効果的なのか、柴田があえてフットワークをあまり使わないのか、接近してもみ合う場面が多く見られた。4回を終わっての採点は38-38が2者に、1者が39-37で柴田。どちらかと言えば西田にとって気分のいい展開だった。

 柴田は4回あたりから本来のアウトボクシングを機能し始める。ジャブ、右ストレート、左フックを打ち込んでは左右に動き、西田に的を絞らせない。5、6、7回は柴田ペース。西田は8回、柴田の疲労につけ込んで攻勢をアピールした。8回を終わっての採点は76-76、77-75、78-74の2-0で柴田が支持された。

 終盤はアウトボクシングをする柴田が右ストレートやアッパー、ボディブローを決めて突き離しにかかるが、西田が距離を詰めて連打を見舞う場面もあり、目を離せない。それでも柴田がキャリアの差を見せつけ、最後はリードを広げる形となった。これが10度目のタイトルマッチだった柴田は23勝9KO8敗1分。タイトル初挑戦に失敗した西田は10勝3KO7敗1分。

◇65kg契約8回戦
外園隼人(帝拳)[TKO6回1分27秒]橋元納(金子)
 ランカー初挑戦の橋元は日本S・ライト級3位の外園とジャブの差し合いで引けを取らず、2回に外園に鼻血を流させた。しかし外園は3回、右ストレートをカウンターで決めて橋元をキャンバスへ。総合力で上回る外園はその後も橋元にダメージを与え続け、6回にKOを狙ってペースアップ。ボディ攻撃でダウン寸前となった橋元陣営からタオルが投入された。

◇106P契約8回戦
田口良一(ワタナベ)[3-0(76-75、77-74×2)]フローレンテ・コンデス(比)
 元日本L・フライ級王者で現同級1位の田口がIBFミニマム級10位、WBO同級8位にランクされるベテランのコンデスを迎えた。田口は初回から小柄なサウスポーのコンデスにプレッシャーをかけ、ワンツーボディなどを力強く打ち込んでいった。コンデスは簡単にロープを背負うものの、いきなり力強い右フック、左ストレートを打ってくるので気が抜けない。2回、田口は初回と同じように攻め込んだが、そこにコンデスの左が炸裂。田口が前のめりに崩れた。ダメージが深刻でストップされるかと思ったが、何とか立ち上がってこのラウンドをしのいだ。


 3、4回、田口はコンデスを再三ロープ際に押し込んで、ボディ攻撃と右ストレートを激しく見舞った。タフなコンデスは田口のパンチを食らいながらも、連打が終わった瞬間に強打を振るう戦法を続けた。常に攻め気を失わない田口がコンデスのカウンターをもらうのではないかとヒヤヒヤさせられたが、田口は後半に入ると、はやる気持ちを抑えて距離を取り、コンデスの強打をどうにか防いだ。

◇ウェルター級8回戦
和宇慶勇二(ワタナベ)[TKO5回2分3秒]ジョネル・ガダパン(比)
 カウンター1発狙いのガダパンに対し、元日本S・ライト級王者のサウスポー和宇慶は強打を警戒して、互いに手数が出ないもどかしい立ち上がり。4回、和宇慶はバックステップを踏んだところで右を食らい、ダウンを宣告された。和宇慶は5回に覚醒。ガダパンに打撃戦を挑み、ボディ攻撃で弱らせてから左で2度ダウンを奪って試合を決めた。

◇ライト級8回戦
横山雄一(帝拳)[KO1回2分49秒]柳達也(伴流)
 初回に横山の強打が爆発。カウンター気味に入った右ストレートで柳がキャンバスに落下。柳は何とか立ち上がったがレフェリーは10カウントを数えた。前戦でプロ初黒星を喫した柳は連敗。