0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年11月22日土曜日

三浦隆司が6回TKO勝ちでV3、統一戦をアピール

 22日横浜国際プールで行われた「TOUCH!WOWOW2014」のメインイベント、WBC世界S・フェザー級タイトルマッチは、王者の三浦隆司(帝拳)が挑戦者1位エドガル・プエルタ(メキシコ)を6回TKOで下し、3度目の防衛に成功した。タイムは2分15秒。

 試合は初回から動いた。ラウンド後半、プエルタが右をあてて前に出たところで両者の身体が密着。離れ際に三浦が左を打ち下ろすと、プエルタがあっさりダウンした。しかし挑戦者のダメージはそれほど大きくなく、ここから巻き返しを図った。

 プエルタは2回、距離を詰めてハイテンポで連打を繰り出して三浦に迫った。左をヒットさせる場面も作った。ピッチを上げたプエルタに対し、三浦は低い姿勢でガードを固め、ボディ攻撃からボクシングを組み立てた。3回にはボディブローを決めてプエルタを下がらせ、ラウンド終盤に左スイングをヒット。4回を終わっての採点は39-36×2、40-35で三浦だった。

 三浦のパワーが試合を支配し始めた。11ヵ月のブランクも関係ないようだ。5回に三浦がさらにボディ攻撃を仕掛けると、プエルタもさすがに弱ってきた印象。迎えた6回、三浦がシャープな左を立て続けに決め、さらにプエルタが出てきたところに左のカウンターを打ち込むと、ダメージを被った挑戦者が後退。三浦はプエルタをロープに追い込み、ボディ攻撃、左アッパーから滅多打ちに。フラフラになったプエルタを主審が救った。

 WBAチャンピオン内山高志(ワタナベ)との統一戦を問われた三浦は「やるチャンスがあればぜひやりたい。実力は競っているところまできている自信はある」とアピール。対メキシカン4連勝で防衛テープを3に伸ばした三浦は28勝21KO2敗2分。世界初挑戦に失敗したプエルタは23勝19KO5敗1分。