2014年11月23日日曜日

パッキャオ、6度ダウン奪って大差判定勝ち

 23日中国マカオで行われたトップランク社興行のメインイベント、WBO世界ウェルター級タイトルマッチは6階級制覇の王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が挑戦者クリス・アルジェリ(米)に大差判定勝ちを収めた。スコアは119-103×2、120-102。

 試合は予想通り、身長とリーチで大きく上回るアルジェリが、ガードを高く上げて、距離と取るアウトボクシング。サウスポーのパッキャオが追いかける展開となった。

 2回終了間際、パッキャオが連打で前に出ると、アルジェリがバックステップでコーナーへ。ここでアルジェリが足を滑らしてヒザをつくと主審はこれをダウンと判定。まずはポイントでパッキャオがリードした。

 3回以降、徹底して足を使うアルジェリに対し、パッキャオは前に出るものの、かなり攻めずらそうな印象だ。このまま停滞した展開が続くかと思われたが、6回にパッキャオがカウンターの左をあてると、アルジェリが後退。畳み掛けたところでアルジェリがキャンバスに転がった。さらに続く場面でパッキャオが右を追撃して、このラウンド2度目のダウンを奪う。それほど強烈なパンチではなかっただけに、アルジェリの脆さが露呈した形だ。

 アルジェリはこのピンチをしのぐと、再び足を使って右のカウンターを狙うボクシング。立ち直ったかに見えたが、9回に再びダウンショーが待っていた。パッキャオがアルジェリの左に合わせて左ストレートをアゴに叩き込むと、アルジェリが背中からバッタリ。これは文句なしのきれいなノックダウンだった。さらにラッシュを仕掛けると、アルジェリがヒザをついて主審がダウンを宣告した。

 パッキャオは10回にも連打でアルジェリを突き落とし、この試合6度目のダウンを奪った。結局ノックアウトはならなかったが、最後まで下がり続けるアリジェリを追いかけて、大差判定勝ちを収めた。

 リング上でメイウェザー戦について問わたパッキャオは「イエス! ぜひやりたいね」と即答した。見せ場を作れず敗れたアルジェリは「マニーが世界でベストなファイターだということがわかった」とインタビューに答えた。

 WOWOWでゲスト解説を務めたノニト・ドネアは「最近のパッキャオの試合ではいい出来だったと思う。スピードとパワーがあったし、ブラッドリーやリオスの試合では、打ったら少し下がる場面があったが、今回はしっかりパンチに体重を乗せて前に出ていた」と分析。その理由を「まだ自分が終わっていないことを証明したいというモチベーションがプラスに働いたのではないか」と推測した。

 ドネアがゲスト解説を務めた試合の模様は24日21時からWOWOWライブで放送される。Photo/SUMIO YAMADA