②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2015年1月21日水曜日

小関桃V15の対戦相手決定、2.19女子ダブル世界戦

 WBC女子アトム級王者の小関桃(青木)が2月19日、東京・後楽園ホールで同級13位アイサー・アリコ(フィリピン)と15度目の防衛戦を行うことが決まった。当日はIBF女子L・フライ級チャンピオン柴田直子(ワールドスポーツ)が花形冴美(花形)を迎えて3度目の防衛戦を行うことが決まっており、女子ダブル世界タイトルマッチとなる。

 二転三転していた小関の挑戦者がアリコに落ち着いた。アリコは5勝4KO4敗の23歳。昨年3月、福岡で現WBCミニフライ級王者の黒木優子(YuKOフィットネス)と対戦して3回TKO負けを喫している。

 男子の具志堅用高会長が記録したV13を2014年に更新し、同年の女子年間最優秀選手に選ばれた小関。08年8月に世界タイトルを獲得して世界王者在位期間は6年半に達するが、15年も真摯に防衛ロードを歩み続けるつもりだ。

 小関と柴田のダブル世界タイトルマッチはこれで4戦連続。前座には元アマ国体王者の井上岳志(ワールドスポーツ)が登場し、プロ3戦目で日本S・ライト級13位の小口幸太(宮田)に挑む。