0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年2月24日火曜日

井上尚弥が初防衛戦延期を発表、右拳治療のため

 大橋ジムは24日、WBO世界S・フライ級王者の井上尚弥(大橋)が5月に予定していた初防衛戦を延期すると発表した。痛めた右拳を治療するためで、今のところ数ヵ月の延長を予定しているという。

 井上は昨年12月30日、王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)を2回KOで下してプロ8戦目で2階級制覇を成し遂げた。この試合で右拳を痛めたという。

 井上は2014年、国内最短記録となるプロ6戦目で世界タイトルを獲得し、暮れには2階級アップしてこれも最短で2階級制覇を達成。この功績が評価され、年間最優秀選手賞、KO賞、年間最高試合賞の3冠を獲得したが、これで2015年のスタートは遅れることになった。