②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2015年3月7日土曜日

岡田博喜が3回TKO勝ち、日本S・ライト級戦

 7日の東京・後楽園ホール「第535回ダイナミックグローブ」のメインイベント、日本S・ライト級タイトルマッチは、王者の岡田博喜(角海老宝石)が指名挑戦者の外園隼人(帝拳)を3回TKOで下し、2度目の防衛に成功した。タイムは2分18秒。

 岡田がスタートから積極的に打って出た。スピーディーな動きからワンツー、ボディブローを入れたコンビネーションを繰り出す立ち上がり。長身の外園もジャブ、右ストレートで応戦するが、岡田の右が決まって一瞬グラリ。このあと偶然のバッティングで外園は左側頭部をカットした。岡田も左目上部をカットした。

 かなりの出血で顔面を血に染めた外園は2回に前に出た。フットワークとスウェイでかわす岡田を遮二無二追いかける。ロープに追い込んでボディ、そしてアッパーを繰り出すが、この日の岡田は動きのキレが抜群だった。外園はこの回、右ほほをパンチでカットし血ダルマになる。

 3回「この回がラスト」とセコンドに背中を押されてリングに飛び出した外園は気迫で岡田に迫るが、岡田はバックステップを踏みながら冷静にチャンスをうかがっていた。ラウンド後半、コーナーを背負った岡田は攻める外園のアゴに強烈な右ストレートをカウンターでヒット。挑戦者が前のめりにバッタリ倒れると、主審が即試合をストップした。「防衛を続けながら、今年は東洋に足をかけたい」と語った岡田は10勝8KO無敗。2013年4月の王座決定戦(小原佳太戦)に続くタイトル獲得失敗の外園は18勝11KO5敗1分。