0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年4月12日日曜日

ゲバラ初回KO防衛、またボディブローで倒す

 地元メキシコ・マサトランで初防衛戦のリングに立ったWBC世界L・フライ級王者ペドロ・ゲバラ(メキシコ)が電撃KO勝ち。挑戦者14位リチャード・クラベラス(フィリピン)を初回2分31秒KOで撃退した。

 この日まで12勝12KO2分無敗のクラベラスがパワフルな右をコネクトしてスタート。戦績どおり危険な挑戦者に思われたが、ゲバラの左レバーを食らってヒザをつく。そのまま立てず、レフェリーのカウントアウトともに仰向けに崩れた。

 ゲレロ(25)は昨年末、日本で八重樫東(大橋)と王座決定戦を争い、7回にボディブローでタフな八重樫を沈めた一戦に続くボディショットでの勝利。初防衛を成功させ、戦績は25勝17KO1敗1分。「この勝利でファンに約束を果たした。長い間チャンピオンでいたい」と語った。