0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年4月30日木曜日

小國以載がドロー防衛、日本S・バンタム級戦

 30日東京・後楽園ホールのトリプル日本タイトル戦は、日本S・バンタム級タイトルマッチからスタート。こちらは王者の小國以載(角海老宝石)が挑戦者1位の古橋岳也(川崎新田)と1-0判定で引き分け、初防衛に成功した。スコアは96-94で小國。残る2者が95-95だった。

 上背とリーチのある元OPBF王者の小國は予想通りジャブ、右ストレートを使って古橋を前でさばこうというボクシング。タイトル初挑戦の古橋は頭をよく振って、インサイドへの侵入を試みる。実際に距離を詰める場面を作るが、小國は左ボディブローで古橋のやりたいようにはさせない。古橋は5回に右ストレート、左フックを決めて小國をロープに追い込み、会場を盛り上げる。5回を終わっての採点は49-46×3で小國リードだった。

 このリードで余裕が出るかに思われた小國だが、5回に続き6、7回も古橋のプレスを受けてロープを背負い、守りに入る場面が目立つようになる。古橋のボディブローで小國は失速気味。しかし小國は8回、古橋の疲れにも乗じてこのラウンドを獲得した。9、10回は互いに譲らなかったが、古橋がやや押している印象だった。いつものシャープさがなく苦戦した小國は15勝4KO1敗。昨年、大竹秀典(金子)への挑戦が決まりながら、大竹の負傷と世界挑戦で1年近く待たされた古橋は17勝7KO6敗。8回を失ったのが痛かった。

◇58.0キロ8回戦
緒方勇希(角海老宝石)[3-0(78-74×2、79-74)]山田健太郎(全日本パブリック)
 昨年9月の対戦は緒方が2-1判定勝ち。元ランカーの山田は初回に左フックを決め、2、3回もジャブもうまく使って日本フェザー級6位の緒方をわずかに上回った。技巧派の緒方は4回に持ち前のカウンターを決めて追い上げを開始するが、山田も無理には攻めず、試合は拮抗した。両者は7、8回に手数を増やし、有効打で緒方が上回った印象。返り討ち成功の緒方は21勝3KO1敗1分。山田は8勝6KO6敗1分。

◇フライ級8回戦
阪下優友(角海老宝石)[TKO6回54秒]桜井康弘(レパード玉熊)
 日本フライ11位の阪下はサウスポーの桜井に対してうまく間合いがつかめずにいたが、3回にボディ攻撃から右ストレートを決め、桜井をコーナーにくぎ付けにしてラッシュ。主審がダウンを宣告した。その後も阪下は単発ながら強打を打ち込み、6回にラッシュしたところでタオル投入。阪下は昨年10月、日本王者の村中優(フラッシュ赤羽)に敗れて以来の再起戦に勝利。戦績は13勝8KO5敗2分。桜井は7勝19敗。