日本語

Home > ニュース > 三浦隆司、ディブ合格 村田諒太&八重樫東も
ニュース

2015年4月30日 木曜日

三浦隆司、ディブ合格 村田諒太&八重樫東も

 明日に迫ったWBC世界S・フェザー級タイトルマッチ(東京・大田区総合体育館)の計量が30日都内のホテルグランドパレスで行われた。チャンピオン三浦隆司(帝拳)と挑戦者ビリー・ディブ(オーストラリア)はともに上限58.9キロで一発合格。前日検診も向島祐JBCコミッションドクターからお墨付きをもらい、あとは決戦に備えるだけだ。
 
三浦隆司、ディブ計量合格(ボクシングニュース)
計量をクリアしてポーズをとる三浦(右)とディブ
 
 計量を終えた三浦はすっぽんスープとさくらんぼを採り、栄養を補給。「これから食事をして回復すると、試合が楽しみになってくるでしょう」といよいよ臨戦態勢だ。夜は肉200グラム(和牛)を食べるつもりという。
 
 フェイスオフで三浦をにらみつけたディブは「いい試合をして明日はハッピーになりたい」とコメント。母国では25年ぶりとなる生中継が決まっており、テレビクルーもオーストラリアから来日した。ますますやる気になっている。
 
いつも通り笑顔の村田(右)と世界ランカーのアタイデ
 
 またミドル級超のノンタイトル10回戦に出場するWBC同級7位村田諒太(帝拳)は73.3キロ、WBO同級15位ダグラス・ダミアオ・アタイデ(ブラジル)は73.0キロで計量をクリア。世界ランカー対決を明日に控えたこの日も村田は笑顔を振りまいて心臓の強いところを見せていた。「僕が勝って粟生(隆寛)先輩の試合につなげたい」と意気込みを語った。
 
再スタートを切る八重樫(右)
 
 再起戦のリングに立つ前WBCフライ級王者の八重樫東(大橋)は相手のソンセーンレックともども52.1キロでパス。S・フライ級での再出発にあたり、まずは第一関門を突破した。

Related

関連記事