0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年5月19日火曜日

WBOランキング、ミドル級の村田諒太が11位に

 WBOが16日付けで最新ランキングを発表。日本勢ではミドル級の村田諒太(帝拳)が新たに11位にランクされた。村田は5月1日に15位だったダグラス・ダミアン・アタイデ(ブラジル)に勝利。WBC、IBFに続く3団体目の世界ランキング入りとなった。アタイデは圏外に消えた。

 バンタム級は前王者の亀田和毅の返上により空位に。ウェルター級は前王者マニー・パッキャオ(フィリピン)がフロイド・メイウェザー(米)との統一戦に敗れてタイトルが移動したが、メイウェザーが即返上を表明。1位ティモシー・ブラッドリー(米)と5位ジェシー・バルガス(米)による決定戦がアナウンスされている。

 空位だったS・ライト級王者には、前ライト級王者のテレンス・クロフォード(米)が決定戦を制して収まった。なお月間MVPにはメイウェザーvsパッキャオの前座で2度目の防衛に成功したフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が選ばれている。