0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年6月14日日曜日

ウォータース、マリアガに3-0勝利、王座は空位に

 13日(日本時間14日)ニューヨークのMSGのザ・シアターで行われたWBA世界フェザー級タイトルマッチは前日の計量でリミットオーバーした前“スーパー”王者ニコラス“アックスマン”ウォータース(ジャマイカ)が挑戦者ミゲール・マリアガ(コロンビア)に判定勝ち。タイトルは空位のままとなった。

 序盤、マリアガが積極的に仕掛けて善戦、以後のラウンドに興味を注がせる。しかし5回あたりからウォータースがプレスを強めてスピード感あふれるパンチを浴びせペースを掌握。マリアガは自慢の強打(20勝18KO無敗)が空を切るばかりでジリ貧。8回、ダメージングブローを叩き込んだジャマイカ人が9回終了間際にダウンを奪い、断然優勢。そのまま地力の違いを見せつけたウォータースが118-109、117-110、119-108の3-0のスコアで支持された。連続KOが途切れたウォータースだが、戦績を26勝21KO無敗とした。

 セミのライト級10回戦は世界王者候補フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ=WBA3位)が5回と7回にクリーンノックダウンを奪い、イバン・ナヘラ(米)との無敗対決を制した。WBOラティーノ・ライト級王座を防衛したベルデホは18勝13KO無敗。ナヘラは16勝8KO1敗。Photo/Top Rank