②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2015年9月30日水曜日

高山樹延が3-0判定でV6、日本ウェルター級戦

 日本ウェルター級タイトルマッチが30日、後楽園ホールで行われ、チャンピオンの高山樹延(角海老宝石)が同級9位の田中亮治(ヨネクラ)に3-0判定勝ち。6度目の防衛に成功した。スコアは97-94、97-93×2。

 連敗中ながら挑戦者に選ばれた田中は長いリーチとフットワークを生かし、出入りのボクシングで高山を攻略しようと試みた。田中はよく動いて手数を出したが、高山は単発ながら左右のボディショット、右フックなどを決め、5回を終えて48-47、49-46、50-46とリードした。

 後半に入っても試合の構図は同じだった。田中の足と手数は衰えないものの、いずれも軽打で精度も低い。高山は力強いボディブローこそ打ち込んではいるが、距離を詰めるとクリンチとなり、それ以上の攻撃には結びつけられない。最後まで同じようなラウンドを重ねて試合は終わった。「戦った気がしない。もう少し打ち合いたかった」とリング上で語った高山は23勝7KO1敗。タイトル初挑戦失敗の田中は8勝2KO5敗1分。

◇57.6キロ8回戦
上野則之(RK蒲田)[2-1(78-75、77-76、75-78)]緒方勇希(角海老宝石)
 待ちのボクシングをする日本フェザー級4位の緒方に対し、ランク復帰を目指す上野も深追いはせず、前半はアクションの乏しい試合となった。後半に入っていくらか距離が詰まったものの、互いに思うようにはパンチを当てられなかった。前に出て何度か印象的な左フックを見舞った上野に軍配が上がった。ランキング復帰を確実にした上野は18勝5KO13敗5分。緒方は21勝3KO2敗1分。

◇69.5キロ8回戦
矢田良太(グリーンツダ)[KTO7回1分24秒]糸山良太(角海老宝石)
 日本ウェルター級7位の糸山は低い姿勢からビッグパンチを振っていった。長身の矢田はジャブとワンツーを主体とし、3回には糸山をコーナーに追い詰めて連打を見舞う。糸山が打たれても前に出続けたため、中盤は激しい内容となったが、7回に矢田のパンチで糸山が左目上部を大きくカットしてTKOとなった。うれしいランカー撃破の矢田は9勝7KO3敗。糸山はパンチをもらいすぎて3連敗。10勝5KO8敗1分となった。

◇バンタム級8回戦
澤田京介(JB SPORTS)[2-0(77-76、77-75、76-76)]中川とん虎(角海老宝石)
 インターハイ準優勝などアマで85戦のキャリアを持つ澤田が初回に左フックを決めていきなりチャンス。日本バンタム級11位の中川はフラフラになりながらも何とかこのラウンドをしのいだ。中川は3回から前に出てボディ攻撃を決めるなど反撃。ジャブ主体の澤田は中盤やや押し込まれたが、終盤は中川の攻撃を食い止めて競り勝った。澤田は4勝2KO2敗。ランク入り後初戦で敗れた中川は13勝5KO7敗2分。