0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年1月31日日曜日

コバレフが7回TKO勝ち、パスカルを返り討ち

 世界L・ヘビー級3団体統一王者のセルゲイ・コバレフ(ロシア=写真)が30日(日本時間31日)、カナダ・モントリオールのベルセンターで元世界王者ジャン・パスカル(ハイチ=カナダ)に7回終了TKO勝ち。昨年3月に続くリマッチでパスカルを返り討ちにした。

 試合はスタートから動いた。コバレフが初回に左を決めてパスカルが倒れ、これはスリップの判定だったが、コバレフの優勢は明らか。パンチの手数でも正確性でもパスカルを上回り、5回あたりになると試合はワンサイドの様相。たっぷり痛めつけられたパスカル陣営は、7回終了のインターバルで棄権を申し出た。

 この勝利により、ファンやメディアの関心は早くもコバレフ(29勝26KO1分)の次戦に集まった。選択肢の一つ、前WBA世界S・ミドル級王者アンドレ・ウォード(米=28勝15KO無敗)との対戦についてコバレフは「もし試合が決まればベリー・ハッピーだ」とコメント。リングサイドで試合を観戦したウォードは「ファンが望むのなら、それは実現されるべきだ」とことらも対戦を歓迎した。ウォードは3月26日、スリバン・バレラ(キューバ=17勝12KO無敗)とのL・ヘビー級戦が決まっている。

 また、対抗チャンピオンであるWBC同級王者のアドニス・スティーブンソン(ハイチ=カナダ)がリングインして「オレが本物のチャンピオンだ!」とコバレフを挑発。コバレフはスティーブンソンを「チキン」呼ばわりした因縁があるだけに、やる気満々といった様子だが、現時点でコバレフはウォード戦に向かって動いている模様だ。Photo/BoxingScene.com