2016年10月8日土曜日

WBAが井岡一翔に暫定王者との指名戦をオーダー

 WBAはフライ級王者の井岡一翔(井岡=写真)に対し、暫定王者(同級1位)スタンプ・キャットニワット(タイ)と指名試合の対戦交渉に入るよう通達。ホームページ上で明らかにした。期限は10月6日から30日以内で、交渉がまとまらなければ入札を行うとしている。井岡陣営は既にWBAの意向を受け、スタンプとの交渉をまとめる意向。

 井岡は昨年4月にフアン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)を下して3階級目となるWBAフライ級ベルトを獲得。これまでに3度の防衛を成功させた。7月にはWBAスーパー王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との対戦指令をWBAから受けて実現が期待されたが、エストラーダがS・フライ級にクラスを上げるために王座を返上。エストラーダとの団体内統一戦は消滅した。

 スタンプは15勝6KO無敗の18歳。昨年7月、クレゴリオ・レブロン(ドミニカ共和国)を2-0判定で下して暫定王座を獲得。今年2月のダイレクトリマッチも2-0で勝利した。記録サイト・ボックスレクによるとタイ国外での試合はまだない。