0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年12月18日日曜日

ゴロフキンvsジェイコブス合意、3.18ニューヨーク

 WBA・WBC・IBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン=写真右)が来年3月18日、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでWBA正規王者ダニエル・ジェイコブス(米=写真左)と対戦することに合意した。ゴロフキン本人が明らかにした。

 WBAはスーパー王者のゴロフキンとレギュラー王者ジェイコブスに対戦をオーダー。両陣営が交渉に入り、19日にパナマのWBA本部で予定されていた入札の前に、話し合いがまとまった模様だ。試合の模様はHBOがペイ・パー・ビューで放送するとのこと。

ゴロフキン「これは私にとってビッグニュース。とても興奮している。ダニーは驚くべきファイターでミドル級ではナンバー2だ。来年は願わくば3試合やりたいと思っている。2017年は大きなプランがある……。でもいまはジェイコブス戦に集中したい」

 34歳のゴロフキンは9月にIBFウェルター級世界王者ケル・ブルック(英)を5回TKOで退け、無敗記録を36勝33KOまで伸ばした。WBAはジェイコブスとの指名試合をオーダーし、ブルック戦はWBAタイトルマッチとしては認めなかった。

 ジェイコブスは14年8月にジャロッド・フレッチャー(米)との王座決定戦を制して正規王座を獲得。これまでに4度の防衛に成功している。戦績は32勝29KO1敗。唯一の敗北は10年で、ディミトリー・ピログ(ロシア)と空位のWBOミドル級王座を争って5回TKO負けした。