2017年1月3日火曜日

海外メディアが年間表彰選出、フランプトン高評価

 米メディアが選出する2016年の年間表彰が昨年末から徐々に発表されている。年間最優秀選手は、スポーツ専門局ESPNと米ボクシング専門サイトのボクシングシーン、英老舗雑誌ボクシングニュースがWBA世界フェザー級スーパー王者のカール・フランプトン(英)を選出。米サイトのファイトニュースがWBO世界S・フェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)だった。

 フランプトンは2016年2月、自身の持つIBF世界S・バンタム級王座をかけ、WBA世界同級王者スコット・クイッグ(英)との統一戦に勝利。クラスを上げて8月にはWBA世界フェザー級スーパー王者レオ・サンタクルスにプロ初黒星をつけ、2階級制覇に成功した。

 KO勝はハッサン・ヌダム・ヌジカム(カメルーン=仏)がESPNなどで選ばれた。ヌジカムは12月、WBAミドル級1位(暫定王者)アルフォンソ・ブランコ(ベネズエラ)を衝撃の1回21秒KOで下した試合が評価された。同じく12月に行われたディリアンホワイトとデレク・チゾラのヘビー級戦も反響が大きかったようだ。現時点で明らかになっている各メディアの賞は以下の通り。

◇ESPN
最優秀選手  フランプトン
最高試合   バルガスvsサリド
最高ラウンド ホワイトvsチゾラの5回
KO賞     ヌジカム(ブランコ戦)
新鋭賞    エリクソン・ルービン

◇ボクシングニュース
最優秀選手    フランプトン
最優秀選手(海外)ゲンナジー・ゴロフキン
最高試合     ホワイトvsチゾラ

◇ファイトニュース
最優秀選手   ロマチェンコ
KO賞      カネロ・アルバレス(アミール・カーン戦)
アップセット賞 ジェスレル・コラレスvs内山高志(第1戦)
新鋭賞     ジョー・スミスJr

◇ボクシングシーン
最優秀選手  フランプトン
最高試合   山中慎介vsモレノ第2戦
KO賞     ヌジカム(ブランコ戦)
新鋭賞    ルイス・ネリー