②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2017年2月21日火曜日

元WBA世界S・バンタム級王者、下田昭文が引退表明

 元WBA世界S・バンタム級チャンピオンの下田昭文(32歳=帝拳、写真)が21日、自身のブログで現役引退を表明した。

 下田は2003年にプロデビュー。スピード感あふれるフットワークと、サウスポースタイルから繰り出す左ストレートを武器に勝ち上がり、07年4月、山中大輔を下して日本S・バンタム級王座に就いた。

 3度防衛後に王座陥落したものの再起し、10年には大橋弘政を下してOPBF同級王座を獲得。初防衛後の11年1月、WBA同級王者の李冽理から3度のダウンを奪って判定勝ち。世界チャンピオンとなった。

 米ニュージャージー州アトランティックシティに乗り込んだ初防衛戦でリコ・ラモスと対戦し、6回まで大きくリードしたものの7回KO負け。ここからクラスを上げて再び世界を目指したが、14年マカオでマルビン・ソンソナにKO負けしてからは苦しいボクシングキャリアとなり、日本タイトルに2度挑戦して及ばなかった。

 昨年大みそか、日本フェザー級王者、林翔太(畑中)にチャレンジして敗れた試合がラストファイトとなった。生涯戦績は31勝14KO6敗2分。http://ameblo.jp/michikirihiraku/