0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年3月8日水曜日

パッキャオvsカーンは消滅、アラム氏が明言

 トップランク社のプロモーター、ボブ・アラム氏は7日、5月に中東のUAEで実現するとというニュースが流れた、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン=写真左)と英国のビッグネーム、アミール・カーン(写真右)の一戦について「その話はなくなった」と明言。ESPNのインタビューに答えた。

 WBOウェルター級王座を保持するパッキャオの次戦について、アラム氏は当初、ジェフ・ホーン(豪)を抜擢してオーストラリアでの開催を目指した。しかし、パッキャオ陣営がこれに難色を示し、UAEの投資グループが試合開催のために3800万ドル(約43億円)を用意するという話に飛びついて、UAEでのカーン戦を画策。パッキャオとカーンが先月26日、ツイッター上で「対戦合意」を同時に発信した。

 アラム氏は当初からこの話を眉唾ものと見ており、試合の実現について慎重な見方を示していた。同氏はESPNの取材に対し「(アドバイザーの)マイケル・コンツがパッキャオに会いにフィリピンに行っている。UAEの話がファンタジーだったということを説明するためにね。カーンはパッキャオの次の相手ではない」と語った。

 同氏はまた、UAEの投資グループが資金を調達し、同地で試合が開催できたとしても11月までは実現しないとの見方も示した。パッキャオの上院議員の活動を考えると、次戦は6月か7月になる見込みだという。