2017年6月18日日曜日

リゴンドウ初回KOでV10、すっきりしない幕切れ

 WBA世界S・バンタム級“スーパー”王者ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ=写真)が17日(日本時間18日)、ラスベガスのマンダレイベイ・イベンツセンターで開催されたウォードvsコバレフⅡのセミに登場。挑戦者1位(暫定王者)モイセス・フローレス(メキシコ)に1回終了KO勝ちを収めた。

 リゴンドウのV10戦は意外は幕切れだった。初回終了間際、リゴンドウが右腕でフローレスの首根っこを抑えるように左アッパーを続けて打ち込み、腕がほどけた瞬間、両者がパンチを放つとリゴンドウの左フックがフローレスのアゴに炸裂。同時にレフェリーが割って入り、リゴンドウに後頭部を抑えてパンチを打つなと注意したが、キャンバスに大の字になったフローレスは立ち上がれなかった。

 ここで試合は中断。リゴンドウのパンチが反則打だったか、またKOパンチがゴング後だったか、主審と立ち合い人が映像をチェックして確認作業を行った。パンチはゴング後だったようにも見え、試合はノーコンテストになるかとも思われたが、最終的にKOパンチは正当なもので、リゴンドウのKO勝ちという裁定が下された。

 36歳のリゴンドウは18勝12KO無敗。30歳のフローレスはスタートから果敢に攻めてやる気を見せたがプロ初黒星。25勝17KO1敗1無効試合。Photo/SUMIO YAMADA