0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年6月12日水曜日

ボウがムエタイ世界戦 14日タイ

 6月10日タイ・バンコク市内のホテルで14日に観光地パタヤで行われる「ムエタイスーパーファイト」の記者会見が行われた。同興行のメインは元ボクシングで世界4団体のヘビー級王座となったリディック・ボウ(45=米)のWPMF(世界プロムエタイ連盟)スーパーヘビー級王座戦への挑戦になる。

 
ファイティングポーズをとるボウ(右)。大丈夫か…

 ボウは1992年にイベンダー・ホリフィールド(米)を破ってWBC、WBA、IBFのヘビー級3冠王座を獲得。95年にはWBOヘビー級タイトルも獲得し96年に王座を返上して引退。その後は私生活での問題でニュースになることがしばしばで、家族を誘拐した容疑で有罪となり服役したことも。以降2回ボクサーとして復帰しているが、公式な試合は08年で最後となっていた。

 今回はムエタイファイターとしてロシアのレフゲン・ゴロウィンとスーパーヘビー級暫定王座の座を争う。すでにボウは1ヶ月近く前にタイに入り、バンコクとパタヤで練習を重ねた。「タイは第2の故郷だよ」と話す元ボクシング世界王者の試合は、タイ国内のみならずインターネットを通して世界に配信される。

 なお同興行では他にも8カ国の選手が参加してのWPMFタイトルマッチが6階級で組まれている。プロモーターのソムサック・スナートゥアニクン氏は「タイの伝統であるムエタイをこのイベントを機に世界にアピールし、最終的にはラスベガスで興行を開きたい」と意気込んでいる。